山本寛さんオリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクトのパトロンになりました!~2017年3月の寄付・支援報告~

みなさんどうも、アニメーション!福島ラーメン組も、そろそろアニメ化しないかな?と思っている@xi10jun1です。

毎月続けている寄付・支援報告。もうすぐ継続して1年になります。

今回はとあるアニメ制作プロジェクトに支援しました。

山本寛さんオリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト

引用元:山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

そのプロジェクトがこちら。

今回は1,000円しました。

概要がこちら。

この作品『薄暮』は、僕が勝手に銘打った「東北三部作」のラストを飾る、福島県いわき市を舞台としたアニメーション作品になる予定です。

今まで岩手県大槌町を舞台とした『blossom』、宮城県仙台市などを舞台にした『Wake Up, Girls!』を作って参りましたが、いよいよ、満を持して「福島」を描こうと思います。

引用元:山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

おぉぉぉ!福島県が舞台!

「薄暮」は、アニメーション監督、演出家として活躍されている山本寛さん原作の小説です。現在は無料WEB公開として、CAMPFIRE(キャンプファイヤー)内にて読むことができます。バイオリンを弾く女子高校生の青春物語なんですね。

前半

後半

また、「薄暮」プロジェクトFacebook公式ページもあります。

支援しようと思った理由

もちろん地元福島県が舞台というのもありますが、プロジェクトページに記載されていたこの文に魅かれました。

今までの創作と同様に、そこまで社会性・メッセージ性の強いものにするつもりはなく、福島の「いま」を、素敵に生きる少年少女が描けたらと思っています。

引用元:山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

震災以降、どうしても福島県に関連する企画となると、何かメッセージ性があって然るべきみたいな風潮があります。『震災の記憶を風化させない』とか、『原発による人間の愚かしさ』とか。

でも正直、そんなの全然本来の福島の姿じゃないじゃん?え、何?復興とか脱原発が福島の魅力だったっけ?

違くない?

米や酒はもちろん、果物特に桃や梨が美味しくて、会津には鶴ヶ城があって、中通りには福島競馬場があって、浜通りには相馬野馬追があって。そういうのが福島の魅力だったと思うんですけど。

そしてこれまでの魅力だけじゃなくて、これからの魅力も育てなきゃいけない。それは福島ラーメン組かもしれないし、ガイナックス福島と東邦銀行によるアニメのCMかもしれない。

いっつも思うんですが、そういう福島の新しいコンテンツも知らないで何が『福島の現実がー』ですか、って話なんですよ。ああいった人たちが話したい福島の現実は、不幸だけじゃないですか。それをセンセーショナルにしたいから、原発の話ばっかりしてるんでしょ?

仮に福島に不幸な現実があるなら、そういう人たちの存在も1つ加えておかなければなりません。

『好事門を出でず悪事千里を行く』とはよく言ったものですが、その『好事』も知らないで、偉そうに問題意識なんて持つんじゃないって話なんです。

まとめ:福島の『今』を適切に

その意味でもこの『好事』を、『山本寛さんオリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト』を、支援したいなと思ったんです。

これも2017年、震災から6年経過した福島の『今』であり、『現実』の1つなんですからね。

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク