オシャレな服はもうそんなにいらない。身の丈に合った最低限オシャレな服でいい。

ブログしまむら, アダストリア, ファーストリテイリング

みなさんどうもアパレル!服は中古かしまむらで買う系男子の@xi10jun1です。

今はアパレル不況だそうで、有名ブランドを取り扱っている企業の売り上げが激減なんだとか。

僕はファッションには疎いけれども、肌感覚で少し書きたい。

本当にアパレルは不況なの?

日経新聞のサイトにこんな記事があった。

アパレル業界が不況なのは知っている。僕もそんなに服は買わないし。

この記事にあるように、服が売れない理由はたくさんあるんだろうけど、一方で服が売れている企業もある。

例えばファーストリテイリング。※IFRS基準

売上高 営業利益 経常利益
(税引前利益)
当期利益
2014/8 1,382,935 130,402 135,470 74,546
2015/8 1,681,781 164,463 180,676 110,027
2016/8 1,786,473 127,292 90,237 48,052
2017/8(予) 1,850,000 175,000 175,000 100,000

※数値は全て百万円

例えばしまむら。

売上高 営業利益 経常利益 当期利益
2014/2 502,901 41,868 44,016 26,583
2015/2 512,828 36,823 38,601 23,288
2016/2 547,022 39,913 40,709 24,747
2017/2(予) 574,200 46,200 46,880 30,600

※数値は全て百万円

最後はアダストリア。

売上高 営業利益 経常利益 当期利益
2014/2 153,273 5,762 6,027 ▲4,731
2015/2 184,588 5,981 6,452 503
2016/2 200,038 16,004 16,185 9,122
2017/2(予) 208,900 17,000 17,200 12,000

ご覧の通り、いわゆるアパレル業界の上位の企業では売上高は毎年増えている。利益は減っているところもあるけど。

日経のあの記事は、「服が売れなくなっているのは、恋愛・モテ・オシャレをしない若者がいるのも一因」で締めくくられているけど、正直、違和感がある。その書き方は女性誌ならまだいいけど、日経新聞のサイトでは飛躍し過ぎかな。

リーズナブル・実用性70でオシャレが30くらいの服が欲しい

今の若者がどういう服が欲しいかなんて分からないけど、僕は「オシャレが90~100くらいある服よりも、身の丈に合った服」をよく好むかな。身の丈に合った服っていうと、リーズナブル・実用性70でオシャレが30くらいの服。オシャレは20くらいでもいい。

オシャレが20~30くらいってのは、街を歩いても恥ずかしくない最低限のオシャレができるレベル。まるっきりオシャレがないのもダサすぎて困るけど、日経の記事で言及されている「恋愛・モテ・オシャレなファッション」も正直きつい。

金銭的にも、ビジュアル的にも、着るのも着こなすのも、オシャレが90~100の服にはまったく魅力を感じないんです。なんかそういう服って疲れるんです。服を着ているのか、服に着られているのか分からなくなる。

そこへいくと、しまむらなんかはちょうどいいわけですよ。値段はもちろん、オシャレが30くらいの服が多くて着やすいし。ファーストリテイリングだってアダストリアだって、しまむらよりは単価が高いけど、それでもだいたい3,000円~10,000円くらいの手ごろな服が買える。

もともと服にそんなに興味は無いし、興味のないことで悩む時間も、お金ももったいないし。

まとめ:最低限オシャレな服でいい

服で儲かっている企業はあるから、不況なのは”オシャレ特化型アパレル”なんですよ。今はもう、オシャレにお金を使わない、というより最低限のオシャレがあれば事足りる時代になったんじゃないかな。

「オシャレは我慢」なんて言葉があるけど、我慢して得られるのは自己満足だけ。流行を追えばキリがないし、金銭的にも余裕はないからね。だったら「オシャレは最低限」でいいかなって。

そして、日経の記事の最後にこんな一文がある。

アパレル不況にブレーキをかけるカギは「絶食系」を攻略するしかないのかもしれない。

引用元:アパレル不況に「絶食系」の影 大手でリストラ相次ぐ:日本経済新聞

絶食系を攻略しようとするなら、オシャレをかなりそぎ落とさないと難しいんじゃない?でもそれをやるとブランド価値が下がるし、コストパフォーマンス悪いと思うけどなぁ。

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2017年1月14日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。


スポンサーリンク