ホワイトボードを電子黒板に?Equil Smartmarker Live Note Penなら楽しく勉強できそう!

スポンサーリンク

みなさんどうも、Smartmarker!勉強は割と好きな@xi10jun1です。

全国の勉強嫌いの学生たちよ!

こういう授業スタイルなら、もっと楽しく、そして楽に勉強できたかもしれないよね!

スポンサーリンク

Equil Smartmarker Live Note Pen

Equil Smartmarker Live Note Pen画像1

引用元:Fancy – Equil Smartmarker Live Note Pen

ホワイトボードに描いた絵や図形が、そのままスマートフォンにも反映されている!?

こちらは、普通のホワイトボードを電子黒板のようにして使うことができる、スマートマーカーでございます。画像左にあるレシーバーと呼ばれる機器が、専用のマーカーの動きを読み取って、専用アプリをインストールしたPCやスマホなどの電子デバイスに配信するのです。

百聞は一見に如かず、まずは公式動画をご覧ください!

これ何がスゴイって、マーカーで書いた文字や絵を、スマホやタブレットなどにリアルタイムで表示させることができるんですよ!例えば、出張先でも勤め先のホワイトボードに書かれた内容を確認できますし、セミナーや大学の授業などで使えば、必死にノートに書きこむ必要もなくなります。

これは画期的!

Equil Smartmarker Live Note Pen画像2

引用元:Fancy – Equil Smartmarker Live Note Pen

MacOSでも問題なく使えます。

むしろMacとの相性がいいのかもしれない。

うわぁ、これで大学の授業とかセミナーとか受けたら、「私たちイケてます」感が出て楽しいだろうなぁ!

Equil Smartmarker Live Note Penの仕様

Equil Smartmarker Live Note Pen画像3

引用元:Fancy – Equil Smartmarker Live Note Pen

Equil Smartmarker Live Note Penの仕様はこちらです。

内容物:レシーバー、本体ペン、イレーザー、ボードマーカー(黒・赤各1本ずつ)、電源アダプター、USBケーブル

マーカー本体寸法:縦16㎝×横2.8㎝

レシーバー寸法:縦20㎝ × 横4.2㎝

レシーバー認識範囲:縦1.5m × 横2.4m

レシーバー内蔵メモリ:4G

電源:電源アダプターによる充電

対応OS:Windows、Mac OS X、iOS、Android

専用アプリ:Equilnote

配信可能デバイスの最大数:メインとなる端末1台を含めて最大10台まで

引用・参照元:Equil SmartMarker 取り扱い説明書(pdf)- ITUS Japan | 株式会社アイタス・ジャパン

レシーバー認識範囲がけっこう広いですね。

しかも、対応デバイスも主要なものを網羅しているんです。iOSだけとかAndroidだけとか、そういうのがたまにあって残念なときもあるんですが、これはありがたいなぁ。

Equil Smartmarker Live Note Penのお値段

Equil Smartmarker Live Note Penのお値段ですが、商品は現在700ドルなので日本円で70,911円。送料が49.95ドルなので、合計749.95ドル、日本円で計75,971円ですね。

なかなかのお値段ですねぇ・・・。

日本でも買えるようですが、アマゾンもヤフーショッピングも、お値段は10万円を超えています。

円高の今なら、FANCYで買った方がお得かもしれません!

FANCYへの登録・購入方法と使い方

アカウントの設定、購入までの手順・方法は当ブログ記事で紹介しています。

FANCY(ファンシー)のアカウント作成・登録・設定方法と商品購入の流れを解説!

ビットコインでも購入可能です!その方法も記事で紹介しています。

FANCYのアイテムをビットコイン(Bitcoin)で購入(決済)する方法

なお注意点というわけではありませんが、FANCYで商品を買う際は、クレジットカードと住所をFANCYに設定・登録する必要があります。「うーん、ちょっと無理・・・。」など、海外サイトに抵抗のある方は自己責任にてご利用をお願いします。

なお、アイテムを見る分にはずっとタダです!

FANCYの登録・アカウント作成はこちらから。

スポンサーリンク

記事が役に立ったらみんなにシェア!

いつもありがとうございます!はてブの方はもっとありがとうございます!