シンバイオ製薬全て利確!この感覚を忘れないようにしよう。

2016年4月18日今日の運用成績そーせいグループ, カイカ(旧SJI), サン電子, シンバイオ製薬, 楽天225ダブルベア

今日シンバイオ製薬を全て利確しました!

僕の中で、近年稀に見るトレード成績でございまして、SJIに匹敵する良きトレードだったと思います。

この感覚を忘れないようにしよう。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

マザーズ総合は続伸。

前日比+7.27円の1,121.42円。

やっぱそーせいが強いね。マザーズ引っ張ってるもん。

日経平均は大幅下落。

前日比-572.08円の16,275.95円で取引終了です。

原油増産凍結が合意に至らず、さらに先週金曜日のG20での円安けん制発言、そして熊本・大分の震災と重なっていますから、これは仕方ないですね。ただ、楽天225ダブルベアを飛びついてしまったのは失敗でした。案外下がらないもんだなぁ。

本日の運用成績はこちらです。

2016年4月18日運用成績画像

シンバイオ製薬全利確!

週足の移動平均かい離率が、前回2013年1月に上昇したときと同じくらいになってきたので、一旦利確してみました。

でも、ちょっと早かったな。

終値が404円だったので、370と382円での利確では利幅が小さいですもん。

とはいえ、完璧なトレードは不可能です。

「頭と尻尾はくれてやれ」の精神で、一旦様子見したいと思います。

でも評価損益率が50%超えてたし、まずはお金を貯めていかないと次のトレードができませんからね。

にしても、含み損で資産9万円まで落ち込んだのが、およそ2.5倍まで復活できたのは大きいなぁ。3月はSJI、4月はシンバイオ製薬で主に資産を伸ばしましたが、テーマ株の低位銘柄を狙っていくのが僕にはあっているようです。

そして日経の値動きを加味しつつ、大口のお金がどこに流れているのか、今注目されているテーマは何かを意識するだけでも、結果に違いがでることが分かった。

これだけでも相当収穫だな。

何度も書くけど、この感覚を忘れないようにしよう。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク


※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2016年4月18日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。