Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2678

nendがネイティブアド(広告)サービス開始!広告表記は統一すべき?

2015年12月8日ブログ,ライフハック,注目銘柄ファンコミュニケーションズ

どうも!ネイティブアド初挑戦の@xi10jun1です。

アフィリエイトサービス「A8.net」でお馴染み、ファンコミュニケーションズが提供するスマホ向けの広告サービスこと、スマートフォンアドネットワーク【nend】

同サービスは2015年12月1日から、ネイティブアドサービスを開始しました。

で、ネイティブアドって何なの?

ネイティブアド(広告)とは

要するにこれです。

そこでは元Googleアドセンスの担当者だった方が講演をしてくださったのですが、ちらっとこんなことを仰っていました。

バナー広告がクリックされにくくなっている。

これは検索してみると分かるんですが、結構関連するニュースとかが出ているんですよ。

http://blogos.com/article/107936/

http://digiday.jp/publishers/the-iab-uk-banners-dont-work/

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO92385500S5A001C1H56A00/

つまり、従来のバナー広告はもう見られておらず、広告による効果が期待できない、というのが昨今のネット広告業界なのです。もうみんな分かってるんですかね。「この大きさのこういう画像は広告だ」、って。

nendのネイティブ広告を使ってみた感想

まだ導入したばかりなので、クリック率や配置のテストも全然です。

でも、パッと見どうですか?

なかなか溶け込んでいるなと思いますし、極端にズレて違和感があるとか、そういうのは無いですね。

きちんと[PR]表記もなされていますし。

nendの[PR]表記について

それから、広告には「広告と分かるような表記をしなければならない」というルールがあります。広告とわかる表記としては、「スポンサーリンク」「PR」「広告」「プロモーション」などといった表記の仕方があります。

nendネイティブアド作成時画像

引用元:MediaPartner メディアパートナー管理画面|nend(ネンド)

こちらは、管理画面からネイティブ広告のレイアウトを編集する画面です。nendのネイティブ広告はテキストの他に、画像付きのものもあります。こうした管理画面から、広告文やボタンの種類など、ブログに合わせたデザインで編集することができます。

ご覧の通り、nendでネイティブ広告を作成した段階で、「PR」「Sponsored」「広告」「プロモーション」といった表記がリンクに付加されるように設計されています。なので、特段この上にまた「広告」「スポンサーリンク」「PR」などと書かなくてもいいかな、とは思います。

ですが・・・。

広告表記って統一しなくていいのだろうか?

こうしたネイティブ広告って、まだ個人ブログではあまり見かけないので、どういった評価が利用者から下されるかわからないんです。いわゆる「ステマ(ステルスマーケティング=広告と分からないように広告すること。)」だと批判もあるかもしれません。

厳密に言えば、ステマとネイティブ広告はまったくの別物。

とはいえ、PRという文字が「広告である」という意味として、ブログの利用者、もといネットユーザーに周知されているかと言われると、今はまだ微妙じゃないかなと思うのです。なんとなく「これ広告かな?」くらいの認識ではないでしょうか?

例えば、ある広告は「スポンサーリンク」、別のある広告は「PR」となっているとします。どちらも広告だとなんとなくは分かりますよ。でも、広告によってその表記が違うのでは、ブログ全体のコンテンツとして統一感がありませんよね。

これがはたして、利用者が広告であると確実に認知できる状態なのかどうか・・・。

まとめ:ネイティブ広告はまだまだこれから

「なんとなく分かれば」じゃなくて、「これは広告だ」って統一して分からないといけないのかな?と、今のところ疑問ではあるわけです。

この辺もまだ探り探りですが、収益源としてはネイティブ広告も使っていきたいところ。

スマホからのアクセスが増加を続ける昨今、PC型の広告では限界に来ているのは確か。だからこそグーグルは、スマホ対応しているサイトをモバイルでの検索結果で優遇する、アルゴリズム変更を行ったのですから。

というわけで、この機会にnendに無料登録し、ブログやサイト、アプリ内にネイティブアドを掲載して、収益アップを試みてはいかがでしょうか?

登録はこちら→スマートフォンアドネットワーク【nend】

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年12月8日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。