2014年12月10日の運用成績は・・・含み損拡大で「ちーん」

2014年12月10日今日の運用成績エリアリンク

もう何も言わないですよ~。

wpid-screenshotshare_20141210_212938.png

明日はリバウンドしてー(-ω-)

ダウの下落、ドル円の円高。昨夜ツイッターのタイムラインが荒れていました。

結果はご覧の通り。

ぎゅふー(´・ω・`)

エリアリンクも買値まで元通り。

それよりも深刻なのは他の銘柄。でも、ちょっと思うところがあります。

今までだったらナンピンで損してた

このくらい下がると、いつもならナンピンで・・・となるところですが、今回はナンピンをしないようにしています。

というのも、資金が無いからです(どーん!)

はーい、威張ってしまいました。

が、実際資金が無いから仕方ない。

で、ここで大事だなと思ったのが、余裕資金があるという意外な誘惑です。

競馬やってるときによくやらかしてたんですよ。三井住友銀行のカードに財布の1000円を入金して、競馬してました。なぜって、お財布に余裕資金があったからです。「当たるかもしれない」「取り返せるかもしれない」という甘い甘ーい目論見で競馬をやっていたわけです。

もう、そうなるとクセになっちゃうんですね、負けているときに入金することが。

だから、ナンピンも似たような部分があることに気が付いたんです。投資資金に余裕があって持ち株が下落していると、ついナンピンしたくなる。これは悪いクセだなと。

だったらハナから口座に資金を投じなけりゃいいじゃん!というわけです。

ま、含み損は含み損だけどね

ナンピンばかりが投資じゃないと気付いたのが遅かった。とにかく冷静な判断ができるまでの経験は時間がかかるようです。

何せ、こうして損切りしないで含み損を保持している状態がいけないんですから、まだまだです。

それに、僕自身ちょっと今の勤め先で解雇される可能性が出てきたので、いろいろ考えちゃうんですよ。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年12月10日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。