Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2652

自然人気のコンテンツの景観が台無しになる『ビジネス丸出し施策』

ブログ

みなさんどうもコンテンツ。ビジネス臭には気を付けている@xi10jun1です。

ここ最近はツイッターなどで人気になると、企業からメールが来てコラボだ商業展開だって話になるようですね。

一方で炎上騒ぎになることもしばしば。

自然人気のコンテンツに『儲かりそう』の体だけで近づく商売人

鬼滅の刃をはじめ、毎年話題になるコンテンツは商業展開がなされていくもの。

それはいいんですよ。

でも、自然発生的に人気になったものに『儲かりそう』の体だけで近づいてくる商売人の『ビジネス丸出し施策』が原因で景観が台無しになって冷めるパターンが、本当に良く目立つようになりました。

直近で言えば『100日後に死ぬワニ』が該当します。

ツイッターで話題になって、実際に『100日後にワニが死んだ』あとで様々な商業展開の話が出ましたが、これが炎上することに。

原因は、商業展開を目論んだ商売人による『ビジネス丸出し施策』。

作品としての『100日後に死ぬワニ』を楽しみ、余韻や考察といった段階を踏み、その上で『商業展開』という手順であれば問題は起きなかったのでしょう。けれど死んだ直後に怒涛の商業展開の情報があふれ、作品の世界観を一気に壊してしまった。

要するに、作品へのリスペクトが無いまま、人気だからと『儲かりそう』の体だけで近づいてきた商売人にすべての責任があります。

似たようなところで言うと、その前には「アナと雪の女王2」のステマ炎上騒動がありました。こちらも同映画の感想を漫画家に描かせ、PR標記がないままツイートさせた商売人が原因。

まとめ:人気作品のビジネス展開は慎重に

鬼滅の刃は作品が完結したので、次は呪術廻戦となっているようですね。

個人的には非常に危惧しているんですよ。鬼滅の刃と同様のダークファンタジー作品ですし、またリスペクトのない商売人が『人気があるから』『儲かりそうだから』と余計なことして作品本来の面白さを台無しにしてしまわないか。

『ビジネス丸出し施策』、やめようね。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


ブログ

Posted by jun