確定申告にミス発覚?市役所での手続きと申告書類の保存の大切さ

スポンサーリンク

どうも!ドトールのフローズンマンゴー&ヨーグルトがお気に入りの@xi10jun1です!

先日、市役所から確定申告について変なお達しが届いたんです。

え(・ω・)

もおっももっももも、もしかして申告漏れるれらりるれ・・・。

ただの確定申告書類の記入ミス!市役所に行こう!

いやー、取り乱してしまいました(;´∀`)

実は、確定申告の記載にミスがあったようです。

確定申告ミス画像1

営業所得?

はて、ちゃんと記載していたはずですが・・・

書類のミスを発見!

どうやら、平成25年と平成26年の確定申告書類のうち、営業所得の記載場所がズレていたようです。

確定申告ミス画像2-1

これですねー。

実は平成25年中は職業訓練生という立場だったんです。

つまり、市からお金をもらっていたのですが、それを平成25年(画像左側)では営業収入として、平成26年(画像右側)では雑収入として、記載していたんですね。

つまり、画像の青枠のようなズレが生じたために、所得金額の欄にまでズレが生じ、今回市役所からお手紙が来てしまったのですね。

スポンサーリンク

訂正申告をしに市役所へ!持ち物次第で手続きは簡単になる!

この訂正申告をすることになるのですが、市役所から届いた書類に必要事項を明記して郵送する方法もあります。ただやはり、申告が正しいかどうか不安ですから、面倒ですけど市役所に行った方がいいでしょう。

というわけで市役所に行かねば・・・。

(-ω-).。o(こ、この暑いときに~)

まずは持ち物です。

持ち物

持ち物は

  1. 同封されている市民税・県民税申告書(市役所で作成する場合は記入不要)
  2. 印鑑
  3. 収入が確認できる書類

です。

特に、収入が確認できる書類は、直近の申告年のものを用います。

確定申告ミス画像3

このように、今回なら平成26年の収入が確認できる書類を持参しましょう。

その他の持ち物でスムーズに手続き

あと、僕のように申告の記載ミスである場合、控えの申告書類(今回であれば、平成26年と平成25年の申告書類)を持参した方がいいです。先ほど、申告書類の画像で青枠を使って解説したように、市役所の職員に説明するのが格段に楽になりますよ!

また、実際の手続きの際は、どういう記載ミスがあったか、申告時にどのような状況だったかが分かるように、予めメモなどを書いて持参するとスムーズです。

申告会場は市役所の市民税課へ!

市役所に到着したら、市民税課(市役所から届いた書類に指定があればそちら)へ行きます。

手続きによっては、申告書類の作成、記入などで時間がかかると思います。

僕の場合は記載ミスの確認だけだったので、職員のおばtお姉さんがちょっとパソコンをカタカタしただけで、10分もかからないくらいで手続きが完了しました。

メモも持参していましたから、状況の説明などで時間を食うこともありませんでしたし(;´∀`)

まとめ:申告書類や収入書類は手元に置いておこう!いざってときに必要だぞい!

まさか、7月になっても確定申告に悩まされるとは思いませんでした(。´・ω・)

とはいえ、ここでめんどくさがって何もしないでいたら、余計な税金が取られちゃったなんてこともありえます。

なかなかシャレにならないですよ、それ!

こういう万が一のときのためにも、確定申告の書類はちゃんと取っておかないといけませんよね!特に、年間の収入が分かる書類は、ちゃんとコピーなどとっておきましょう。

それに、過去の申告書類も一緒にとっておきましょう。

今回のように、「申告の記載箇所がこれまでと違うやんけボケ!どないなっとんねん?」などと市役所から指摘されたとき、一昨年の申告書類まで必要になるからです。

スポンサーリンク

いつもシェアしていただきありがとうございます!今回もぜひ!

※なぜ、はてなブログ以外ははてブしないの?そこのはてなブロガーさん!