流行るアニメや漫画のキャラクターにある絶対的な1つの共通点とは?

2015年4月18日ブログ

スポンサーリンク

みなさんどうも、妖怪ウォッチ!損失の全てを妖怪のせいにしたい@xi10jun1です。

さてその妖怪ウォッチですが、今度は主人公が男の子の「ケータ」から女の子「未空イナホ」になり、主人公妖怪は「ジバニャン」から「USAピョン(うさぴょん)」になり、海外展開も目指すとか何とか・・・。

まぁ新しくなるわけですね。

緊急追記:アニメ・マンガ・ゲーム関連の仕事に就きたい方へ

ゲーム・アニメ・イラスト・小説など、メディアコンテンツを在学中から商品として市場に送り出す事ができる「アミューズメントメディア総合学院」という専門学校をご存知でしょうか?

資料請求は公式サイト:【アミューズメントメディア総合学院】

爆発的に流行る漫画やアニメのキャラクターに共通するものとは?

アニメ漫画キャラクターイメージ画像

さて、こうしたアニメや漫画というのは、爆発的に流行るものがあります。これには絶対的なある共通点があるのでですが、これなぁ~んだ?

といっても、パッとは思い浮かばないと思いますので、ヒントを出します!

下に子供向けから大人向けまで、さまざまなジャンルのアニメや漫画のキャラクターを列挙した表の画像を貼りました。このキャラクターたちの共通点を見つけてみてください。

流行るアニメ画像

分かりますか?

・・・。

もうちょっと考えてみて下さい。

・・・。

正解は次の小見出しです!

共通点は「赤色が使われている」こと

正解は、これらの主要キャラクターにはすべて赤色が使われている、でした!

1個ずつ見ていきましょうか。

  • ドラえもん→鼻と尻尾
  • アンパンマン→鼻、服
  • ピカチュウ→頬
  • 野原しんのすけ→服
  • モンキー・D・ルフィ→服
  • ルパン三世→服
  • 涼宮ハルヒ→リボン
  • 鹿目まどか→靴、リボン
  • 矢澤にこ→(髪留めの)リボン

パッと見た感じでも「あぁ~」って思いましたよね。

さらに分類することもできます。

赤のワンポイント系(子供向け)

ドラえもん、ピカチュウなど、赤いワンポイントがあるキャラクターですね。

このほかにも、ゲゲゲの鬼太郎の鬼太郎(ちゃんちゃんこの帯)、鉄腕アトムのアトム(足)、名探偵コナンのコナン(蝶ネクタイ)、ガンダムのボディなど、主人公にワンポイントで赤色が使われているアニメや漫画は人気が出やすいのです。

また子供向けのワンポイントのキャラクターは、人気爆発後の息が長いことが特徴です。ドラえもんやピカチュウ、鬼太郎もコナンも、どの世代の子供が見ても夢中になりますよね。

少し広げると、ゆるキャラもこれに当てはまります。

ふなっしーは蝶ネクタイ、くまモンは頬が赤いですよね。これらのゆるキャラは、ブームになって競争相手が出てきても不動の人気になることが多いです。

赤のワンポイント系(オタク向け)

涼宮ハルヒ、鹿目まどか、矢澤にこといった、いわゆる美少女系のキャラクターもワンポイントの赤色が使われています。美少女系は学校が舞台だったりするので、学生服やリボンなどで赤いワンポイントが用いられます。

爆発力という意味では、美少女系はピカイチ!

ネットは勿論、企業の広告や若者へのPRなどに使われることが増えていますし、一度爆発すればコミケなどはそのアニメのキャラクターで埋め尽くされます。

反面、次々に新しい美少女が出てくるので、ドラえもんやピカチュウと比べると寿命は短いのが特徴。

赤の全体系(子供から大人まで)

アンパンマン、野原しんのすけ、モンキー・D・ルフィ、ルパン三世など、服装が赤いといった全体が赤い色をしているキャラクターもいますね。

この他にも、先ほどの妖怪ウォッチのジバニャン、サイボーグ009、秘密結社鷹の爪の吉田くんなどがそうです。これらのキャラクターたちは子供は勿論、大人も楽しめるという特徴があります。

特に大人が見ても面白いアニメや漫画には、服装など全体が赤い色のキャラクターが出ていることが多いです。ルパン三世やCOBRAのコブラ、ウルトラマンなんかはそうかもしれません。

赤の全体系のキャラクターたちは、爆発力というより、人気の根強さがありますね。

まとめ:そのアニメや漫画が流行るかどうかは赤色のキャラクターの有無次第?

イラスト赤色画像

こんな感じで、アニメや漫画なんかに赤色をまとったキャラクターが出ていると、人気になる傾向にあるわけです。

そういう意味で見てみると、新しい妖怪ウォッチの主人公「未空イナホ」と主人公妖怪の「USAピョン(うさぴょん)」は少し微妙です。ビジュアルは検索して見ていただければと思いますが、目立った赤色が無く、キャラクターとしてはケータとジバニャンより見劣りするような気がします。

アメリカを意識して「USAピョン(うさぴょん)」となっていると思いますが、アメリカの場合も、やはり人気のキャラクターは赤色が目立ちます。ヒーローならスーパーマン、スパイダーマン、キャプテンアメリカ、アイアンマンなどなど(バットマンは真っ黒だなぁ・・・)。他にも、ディズニーの「例のネズミ」、くまのプーさん、セサミストリートのエルモ、マクドナルドのドナルドとか。

なので妖怪ウォッチの海外展開と見ると、今回の主人公はちょっと微妙な感じがするんだよなぁ・・・。

追記再掲:アニメ・マンガ・ゲーム関連の仕事に就きたい方へ

ゲーム・アニメ・イラスト・小説など、メディアコンテンツを在学中から商品として市場に送り出す事ができる「アミューズメントメディア総合学院」という専門学校をご存知でしょうか?

資料請求は公式サイト:【アミューズメントメディア総合学院】

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年4月18日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

ブログ

Posted by jun



スポンサーリンク