地方の求人『副業』やダブルワークができるのがアルバイトしかない問題

ブログ, ライフハック

[開催中!]Am͜a͉zon Black Friday(アマゾンブラックフライデー)
Amazon Black Friday(アマゾンブラックフライデー)Rinker用サムネ用画像
Amazonでブラックフライデー初開催!
  • 開催期間:2019年11月22日(金)9時00分~24日(日)23時59分(63時間)
  • ポイント還元率:最大7.5%(要エントリー、条件あり)
  • 備考:ポイントアップキャンペーンエントリーで、抽選で5,000ポイントが5,000名に、100ポイントが125,000名に当たる

みなさんどうもアルバイト!運営サイトの関係でアルバイトを探している@xi10jun1です。

タウンワークやマイナビバイトなどありとあらゆる求人サイトを見ているんですが、『副業』やダブルワークができるのがアルバイトしかないんですよね。

自営業なのでどうしても副業とかダブルワークがしたいんですが、これじゃあねぇ・・・。

地方の求人は副業禁止が圧倒的?

地元福島でフルタイム求人にキーワードで『副業』と入れて絞って検索したら、1万2千件あった検索結果が5件になりました。

もちろんこれは福島県だけの検索です。他の都道府県ではどうか知りませんが、少なくとも福島県の求人ではこの有様です。

それだけ副業というものに対してレスポンスがないわけですし、もっと言葉を変えてダブルワークにしても結果は同じ。ダブルワークで検索したら、でてくるのはアルバイトやパートばかり。

両親に聞いても、副業OKという会社は聞いたことがないそうで、そもそもそういう概念が存在しないんですよ。

正社員で働いて、結婚して、子供を産んで、車買って、はい立派な社会人。そういう価値観が根強いのです。

まとめ:なるほど若者が地方で仕事したくないわけだ

地方は給料が安くて帰らないのではなく帰れない、なんて話はよく聞きますし、あるいは『田舎には仕事がない』とも伺います。

たぶんそれは、『自分のやりたい仕事や、働きたいように働けない環境』が原因です。

これからは多様な働き方ができない会社は淘汰されていくので、これまた地方の企業には課題になりますね。

[開催中!]Am͜a͉zon Black Friday(アマゾンブラックフライデー)
Amazon Black Friday(アマゾンブラックフライデー)Rinker用サムネ用画像
Amazonでブラックフライデー初開催!
  • 開催期間:2019年11月22日(金)9時00分~24日(日)23時59分(63時間)
  • ポイント還元率:最大7.5%(要エントリー、条件あり)
  • 備考:ポイントアップキャンペーンエントリーで、抽選で5,000ポイントが5,000名に、100ポイントが125,000名に当たる

スポンサーリンク