お給料が少ないから家計簿をつける


スポンサーリンク

お金, ブログ

お給料が少ないです。

だからこそ、資産を増やそうと、株だのFXだのやっとるわけですが、合わせて家計簿もつけています。

家計簿をつけることの良さはあちこちに情報があるので、僕はちょっと違うことを書いてみたいと思います。

もくじ(青字の見出しからすぐ移動できます)

レシートを溜めておく

前回、こんな記事を書きました。

→ ゆとり世代的「投資への恐れ」を無くす方法!なぜ投資は怖いのか

ここの見出しの中で、「お金を失う恐怖を克服する方法」で僕のノウハウを書いています。偉そうなこと言ってますが・・・。

例えば、子供にお金を持たせると、無駄遣いを必ずします。僕もそうでした。それに親と買い物なんか行くと、面白いおもちゃやゲームがたくさんあって、欲しくてしょうがなくなってしまうんですよね。そして駄々をこねたり、大声で泣き叫んだりして親にこっぴどく怒られる。イトーヨーカドーやイオンではよくある光景です。

これが大人になると、誰も止める人がいなくなります。

「お金あるし、まぁいっか」

「今日は嫌なことあったし、贅沢しよう!」

やってしまいますね。

大人の場合、ストレスにさらされる環境にいることが多いので、余計そうなります。他人から見れば無駄遣いだと思う買い物も、本人にとっては必要な買い物なんです。ここでの買い物は必要なものを買うんじゃなくて、ストレス解消とか、自分の思い通りに事を運びたいとか、そういう欲求からくる行動ですよね。

しかも止める人はいません。物を買って、少し満足してストレスを解消します。

そして、ここからです。

商品をレジに持っていきました、お金を払いました・・・

レシートは?

ポイ!
[ad#post-middle-ad]

レシートを溜めておく効果

レシートを溜めておくと、家計簿を書くのに役立つんですが、よくネットとか本に載っているのは「溜まったレシートの山をみて無駄遣いを実感して、気持ちの面で浪費を減らそうとする意欲がわく」みたいな感じです。

確かにそうなんですが、僕の場合は、家計簿をつけていると段々めんどくさくなってくるんですよ。

家計簿をつける行為そのものではなくて、家計簿につけるレシートをいちいち数えるのが。

つまり、消費しなければ、後で家計簿をつけるのが楽になる、と思うので、無駄遣いを減らせるんです。

まぁ、僕の性格の部分が強いので、こう思うのですが、レシートとか家計簿をつけておくと、無駄遣いを減らせますよ、というお話です。

 

 

 

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年8月18日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

お金, ブログ

Posted by jun

スポンサーリンク


スポンサーリンク