サイトの表示スピードを意識したほうがいいアフィリエイトのジャンル

ブログ

ブログスピード2秒画像

スポンサーリンク


みなさんどうもgtmetrix!ジーティーメトリックスと呼んでいる@xi10jun1です(読み方合ってるよね?)。

ここ最近、今運営しているサイトの表示スピードの改善にずっと取り組んでいたんですが、gtmetrixでようやく2秒を切りました。

サイトがどうしてもスピードが求められるジャンルだったので、どうしても2秒は切りたかったんです。

サイトの表示スピードを意識したほうがいいアフィリエイトのジャンルがある

最初に身も蓋もない話をしておくと、サイトの表示スピードはジャンルに限らず早いに越したことはないです。

たまにサイトが重いブログやサイトがありますが、どうしても知りたい情報があるときは何秒だって我慢します。あくまでも僕の主観ですが、知りたい情報あるいは有益なコンテンツであれば、ユーザー的にはスピードは割と二の次なのかなと。

ただそんななかにおいて、どうしてもスピードが求められるジャンルがあります。天気予報や地震速報とかではなく、アフィリエイトのジャンルとしてです。

ダイエット(『夏までに~』商材)

ダイエット系のアフィリエイトの場合、特に『夏までに~』商材はスピードが求められます。

人間が痩せるって一口に言いますけど、理想のボディになるまで健康的にダイエットするには3か月くらいかかります。

『痩せなきゃ!』といういわゆる『今すぐユーザー』は、ちょっとでもサイトのスピードが遅いと離脱してしまうでしょう。人間切羽詰まった状況になると早く早くと焦りますからね。

ショッピング系(タイムセール)

Amazonなんかがよくタイムセール祭りを開催しますが、ああいった期間限定のイベントを狙ったサイトを作る場合もスピードが求められます。

みんな期間限定、数量限定、個数限定といった、『限定』に弱いですからね。そんな限定を手に入れるためには、どこよりもスピードが速くないといけません。

証券口座(IPO)

意外かもしれませんが、証券口座系もスピードが求められます。

特にIPO。

郵政株やリクルート、LINEにメルカリなど、最近はIPOを狙ったサイトが増えてきました。

『IPOの抽選が始まる前に、使える口座を開いておこう』という状況ですから、ここでもスピードが求められるわけです。

まとめ:表示スピードがCVと信頼性を高める

『ここのサイトは正確で速い!』

そう思ってもらえて、また何度も見てもらえるサイトが理想なんですよね。アフィリエイトサイトというとCVや収益に目がいきがちですが、ユーザー体験も考慮したいところ。

やっぱり遅いサイトって不便ですから。僕だって東京に行ったら、『今すぐ美味しいラーメンが食べたい!検索!あ、ここだ!』を1分以内に終わらせたいですもん。

表示スピードがCVと信頼性を高めると思いますよ。

スポンサーリンク

ブログ

Posted by jun

スポンサーリンク



スポンサーリンク