カイカ決算を乗り越える!60円台キープであとは北朝鮮のリスクがネック

今日の運用成績カイカ(旧SJI), ジー・テイスト

カイカは決算を乗り越えましたね。

60円台キープなのでひとまず安心しましたが、問題は北朝鮮リスク。

土日どうなるか見当もつかないな・・・。ミサイル飛ばすのだろうか。

今日の市況

日経平均は続落。

前日比-121.70円の19,274.82円で取引終了です。

うーわ・・・。北朝鮮のリスクを前に、ポジション整理の売りですね。

ドル円も107円台にまで円高になっているので、かなり警戒感がありますね。

仮に北朝鮮がミサイルを撃たなかったとしても、結局この緊張状態が続くのであれば日経平均も弱いままだろうな。

マザーズ総合は続落。

前日比-1.02円の1,013.86円。

そしてマザーズも戻ってこないですね。一時900円台にまで落ちたんですが、その後は反発で終値がこれです。

念願の900円台なんですが、もうカイカで全力してるからなぁ。

ジー・テイストそのうち売って何か買おうか。

本日の運用成績はこちらです。

カイカ持ちこたえる!

カイカが決算を持ちこたえたか。よしよし。

あとは北朝鮮のリスクが無ければなぁ。いかに注目銘柄でも、業績がいい会社の株でも、こういう全体的にダメなときは関係なく売られますからね。

反面、銘柄のポテンシャルも試されるんですよね。投機目的のお金なら、あっという間に売り抜けてしまうから下げ幅も大きくなるけど、そうでない銘柄だと下げ幅も限定的だし。

カイカはどうなる?

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

仮想通貨関連

仮想通貨とは、暗号理論を用いて電子的に発行される通貨のこと。特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。
zaif
仮想通貨の販売所・取引所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ネム、モナコイン)のほか、ICOやトークンも幅広く取り扱い、積立投資もできる万能サービス!とりあえず仮想通貨を始めたい方にオススメ!
bitflyer
仮想通貨の販売所・取引所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ネム、ライトコイン)の取り扱いはもちろん、BTC/JPYで証拠金(レバレッジ15倍)取引(BTCFX)ができる「Lightning FX」が人気。ただしBTCFXは値動きが激しいため、リスク管理の徹底をしましょう!
bitbank
仮想通貨の販売所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナコイン、ライトコイン、リップル)が、現在は取引手数料無料で売買できる。
なお、仮想通貨の先物取引ができるbitbankTrade(ビットバンクトレード)もある。CGF(キャピタルゲインフィー)と呼ばれる制度によって追証無しを実現した独自サービスが人気。ただしBTCFXは値動きが激しいため、リスク管理の徹底をしましょう!

ソーシャルレンディング関連

ソーシャルレンディングはネット上でお金を借りたい人(企業)と貸したい人(投資家)を結びつける仕組みで、投資型クラウドファンディングの一種です。事業者にとっては銀行以外の新たな資金調達手段として、投資家にとっては新しい資産運用の形として、注目を集めています。
クラウドクレジット
海外新興国特化型ソーシャルレンディング。ラテンアメリカ、欧州、アフリカを中心にした新興国への投資が1万円からできる。ソーシャルレンディングのリスクの他、新興国特有のリスク(地政学、為替、天候など)もある。
ラッキーバンク
国内不動産特化型のソーシャルレンディング。5~10万円から国内の不動産事業者に投資ができる。全案件不動産担保を設定しているが、不動産特有のリスク(不動産市場の悪化、自然災害、流動性)がある。
OwnersBook
国内不動産特化型のソーシャルレンディング。1万円から国内の主に東京都内を中心にした不動産事業者に投資ができる。こちらも不動産特有のリスク(不動産市場の悪化、自然災害、流動性)がある。

その他関連記事

FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク



スポンサーリンク