カイカやはり無限売りが出現。時価総額が高い?

今日の運用成績インフォテリア, カイカ(旧SJI)

カイカ、やっぱり伸びないなぁ。

買ったら買っただけの売りが猛烈に出てくるんだもの。挙句にレオスが先月売ってたし。

一体なんなの?何がそんなに売りなの?

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反落。

前日比-76.93円の19,952.33円で取引終了です。

引き続き、方向感のない値動きですなぁ。もう決済して逃げてる人も多いかもしれない。

不可解なのは、ダウがずっと強いまま推移していること。トランプ大統領のロシアゲート問題で大騒ぎしてたのに、市場は特段のリスクと思っていないってことなのかな?

マザーズ総合は反発。

前日比+7.55円の1,117.80円。

反発はいいとして、ここから戻すのか、それとももう一段大きく下げるのか。

個人的にはここからまた大きく下げてほしいな。200日線に触れるくらいまで。

本日の運用成績はこちらです。

カイカは時価総額高すぎ?

株価は安いんですが、カイカの時価総額は約180億円です。

発行済株式数が今日の時点で321,923,000株。

同じブロックチェーン関連で、時価総額も同じくらい(約189億円)のインフォテリアだと15,403,000株。およそ20倍の差があります。

そしてカイカの浮動株比率は6.5%で、市場に出回っているのが約20,925,000株。インフォテリアの浮動株比率は36.6%で5,637,498株。

つまりカイカよりもインフォテリアのほうが、市場で出回っている株式数が少ない(つまり価値がある)ので、インフォテリアのほうが買われやすくなってしまうわけですね。

とすると、同じブロックチェーンでつれ高を狙うにあたり、インフォテリアのほうが有利ってことになる。

まいったなぁ・・・。カイカ、もう少し株式の価値を上げてほしいな。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2017年8月4日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。