ブログの収益を分散させる『ハブ化戦略』の先の話。非アドテクで収益を上げる方法とは?

みなさんどうも、ブログ更新!毎日書く派の@xi10jun1です。

ブログの収益っていろいろありますよね。アドセンスとかアフィリエイトとか。

今回僕がお話するのは、そういったアドテクから一歩二歩先に歩んでみませんか?という内容です。

僕のブログの収益体系

まずは僕のブログの収益体系から。といっても、金額は公表しませんよ。

  • アドセンス
  • アフィリエイト(ドルも)
  • コラム連載
  • コンサルティング

そのうちここにライターが加わる予定です。サロンはまだやりませんが、そのうち。

アドセンスはいいとして、アフィリエイトは主要ASP(a8、バリューコマース、Amazonなど)のほか、今はドルもやっています。

ドルはワードプレスのテーマを販売している、海外のサイト『→Themeforest(Envato Market)』のアフィリエイト。あと、ソーシャルコマースサイト「FANCY」です。ただFANCYに関しては、収益の引き出しの方法を現在問い合わせ中です。ハンナさん早ぅ・・・。

コラム連載は、ビットコインの証拠金取引に関するもので『ゆとり的ビットコイントレード研究所』という名前で連載しています。毎週金曜日に更新しており、月額400円なので1記事あたり80円~100円ですが、どのコラムも半分までは無料で読めますよ。

アクセスはこちら

コンサルティングはブログというより、人づてにきた話だったので、募集をかけているわけではありません。ただ、これもそのうち大きくしていきますね。

ブログのハブ化

さて、以前『ブログ収益はハブ化させよう』という記事を書きました。

その1年4か月後に書いたのがこの記事。

アフィリエイトだけではなく、コラムの連載や今後はライターも加わっていく予定なので、このハブ化についてはひとまず成功と呼んでいいでしょう。

で、ようやく本題ですが、僕がここから目指すのはこの先です。

非アドテクでブログで稼ぐ方法:『リアル化戦略』

ハブ化がようやく進んできたので、ここからは先を見据えたブログ運営をしたいと思います。

ハブ化戦略のその先というのは、非アドテクでブログで稼ぐ方法、つまり『リアル化戦略』です。

今書いているビットコインのコラムだって、最初こそメールがきましたけど、あとで営業の方と複数回お会いしていろいろ情報交換をしています。

先ほどライターの話が出ましたが、こちらはネットのライターじゃありません。これはこれまで培ってきた、人との関係性から生まれたものです。

今僕が募集している東北ブロガー会も、全国でブロガーの集まりが催される昨今、東北だけが取り残されてはマズいと思って始めたものです。こっちはお金にはなりませんが、そこで生まれる出会いには意味があるはずです。

非アドテクでブログで稼ぐ方法を誰も教えてくれない

みんなが本当に知りたいのは、アドテクに頼らないでブログで稼ぐ、あるいは生きていく方法ですよね。

アドテク(SEOとか広告の掲載位置など)は、まぐれの人から本物の人まで教えてくれる人はたくさんいます。が、非アドテクの収益の方法は誰も教えてくれません。ていうか、書いている人ほとんどお目にかけません。アドテクばっかり。

だから僕が断言してあげますよ。

非アドテクでブログで稼ぐには、「人に会い、自分のステータスを認知してもらうことで仕事を獲得する」のが有効な方法です。足で稼ぐってやつですね。

僕がビットコインを取引してブログに書いていなければ、メールは来なかったでしょう。ライターの案件も、僕のステータスを知っている知り合いがいなければ回ってこなかったでしょう。

『リアル化戦略』というのは、他者に自分のステータスを認知してもらう、いわば営業活動なのです。

まとめ:アドテクだけが『ブログ飯』なのですか?

ネットで稼ぐ方法ばかりが持て囃されますが、アドテクだけが『ブログ飯』なのでしょうか?僕は非アドテクでブログで稼ぐ方法、つまり『リアル化戦略』にも、もっと目を向けるべきだと思うのです。

サロンは正直微妙なところで、あれは入ってきた人に然るべく旅立ってもらわないと、ただの搾取になってしまうから。旅立たせるスキルが、運営者には求められると思います。

話がそれてばかりですが、人と会うことで生まれる利益の方が、実は長期的な収益をもたらしてくれることがあります。なにより、無機質なアドテクに比べて、『自分の人生を自分で切り開いている感』に満ちてくるので、日々の生活が充実していきますよ。

こういうのを、本当の意味で『ブログ飯』って呼ぶんだと僕は思うんですけど、いかがですかね?ブログ飯でお馴染みのこの方も、ブログから始まって、執筆やコンサルティングまで行っていますよね。

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク