どうせアラサーなら山下達郎の曲が似合う30代になりたい

みなさんどうも、Ride on time!山下達郎さんの曲は定期的に聴いている@xi10jun1です。

名曲しか作ってないといっても過言ではないアーティスト、山下達郎さん。

僕にとってこのお方の曲っていうのは、1つの目標だったりします。

スポンサーリンク

山下達郎の曲が似合う30代になりたい

別に「どの曲が好きで~」みたいなファンじゃなくて。あ、「Sparkle」とか「蒼氓」とかは好きですよ。

でもほら、小さいころからクリスマスはもちろん、ドラマやCMなどで必ず耳にしてきてますよね、山下達郎さんの曲。当時テレビを見ながら、ぼんやりと「こういう曲が似合う大人ってかっこいいな」と思っておりました。

今となっても不思議でならないんですけど、僕が年をいくつ取っても、山下達郎さんの曲は褪せず、媚びず、どの時代でも輝いているんですよね。いろんなアーティストたちが、出てきては消え出てきては消えしていくのに。山下達郎さんは、いつでもそのときにあう絶妙な曲を置いていってくれる。

アラサーに近づいているワクワク感の正体

そんなふうに聴いてきたせいか、僕にとって山下達郎さんの曲はいわゆる「大人過ぎない大人の曲」って位置づけにあります。40代じゃなくて、20代でもない、ちょうど30代の曲ってイメージです。

で、その子供の頃に思った「30代の曲」ってイメージで、そのまんま僕が大人になっちゃったんですよ。だからアラサーに近づくにつれて、「あぁ、山下達郎さんの曲に近づいているなぁ」って、どこかワクワクしている自分がいます。

なんというか、子供の頃になりたいと思ったものにようやくなれそうな感じ。もちろん、僕はただ年を取っただけなんですけどね。なんとも不思議な感覚に、最近何度も包まれております。

まとめ:ふさわしい30代へ

僕今年で27歳になるんですよ。

子供の頃に憧れた、「山下達郎さんの曲が似合う30代の大人」にどんどんと近づいているので、あんまり「若さ」に羨ましさとかは感じませんね。「まだあと3年か・・・。」って感じです。

それまでに、本当に「山下達郎さんの曲が似合う30代の大人」になっておかないとなぁ。

なんかぼやっとしてますけど、たまにはこんな記事もいいでしょ?

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク