Women Willで育児と仕事を応援するアイデアを実現させよう!

おはようございます!たくあん大好きな@xi10jun1です!

いつも何気なく立ち上げるブラウザ。僕はいつもクロームを立ち上げます。

今日そのクロームを立ち上げたら、画面下部にこのようなリンクが。

クロームホーム下部リンク画像

このグーグルクロームのホーム画面下部にあるリンクとかって、意識して見たことあります?

今回はたまたまここにあった「みんなで応援しよう」のリンクを辿ってみたので、それを書いてみたいと思います。

ママの仕事復帰を?

スポンサーリンク
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Women Willでアイデア共有しよう

訪れたのはHappyBackToWork – Women Will – みんなのアイデアというサイト。

もともとの運営元はWomen Willと呼ばれる、アジアを中心とした女性の働き方などを紹介したり、応援しているサイトのようです。

で、僕が訪れたサイトは、育児と仕事の両立を考えるメディアという感じですね。

とりわけ母親(ママさん)に焦点を当てたサイトなのかな。

サイト内を見ていくと、子育てをする女性や男性の問題点などを取り上げていたり、彼らを取り巻く問題や課題に対して、様々なアイデアがパネル式で紹介されています。

アイデアを見てみよう

例えば、これ。

womenwill画像1

ちょっとしたアイデアから本格的なアイデアまで、投稿されたアイデアをたくさん見られるようです。

また、このパネルをクリックすると、

womenwill画像2

こんな風に、アイデアの詳細を見ることができます。

また、下の「応援する」のボタンをクリックすることで、アイデアに対し応援することができます。

他にも、こんなアイデアが。

  • 子供連れで面接ができるようにする
  • パパの会社に保育所を作る
  • 小学校の平日PTA会議をやめる
  • 有給を1時間や15分単位で使えるように

うんうんと、うなずくようなアイデアもありますね。

比較的多いのは、有給の取得、父親の育児参加、出産で仕事を離れた女性の社会復帰などに関するアイデアですね。応援されている数もあるにはあるのですが、あまり知られていないサイトなのか、もっと数が増えてもよさそうな気がしますねぇ。

投稿することもできる

「自分にもこういうアイデアがある!」

そんな方は、アイデアを投稿してみましょう!

画面をスクロールしていくと、途中でこのような表示が出てきます。

womenwill画像3

ここの「投稿する」から、投稿のための編集画面に行くことができます。

womenwill画像4

ここで編集して投稿することができます。

アイディアはサポーターの企業や団体に届く!

「でも、ここでアイデアを共有したところで・・・。」

いえいえ。

ここで投稿されたアイデアは、ただサイト内でとどまっているだけではなく、サポーターと呼ばれる企業や団体がちゃんと見ているのです。

サイト上部にあるメニューから「実践中のアイデア」という箇所をクリックすると、サポーターである企業や団体の名称と、彼らが実践しているアイデアを見ることができます。

パッと見た感じですが、まだまだサポーターとなる企業や団体は少ないですし、それを実践しているのは大企業ばかり。

サイトが知られていないという側面もありそうですが、アイデアの投稿数や応援されているアイデアも少ないので、このサイトはもっと世に知られるべきではないでしょうか?

追記:2か月ぶりにグーグルの画面下に表示されていたのでアクセスしたところ、サポーター企業が増えていますよ!

見方を変えれば、こういうサイトでもサポーターとして名を連ねている企業というのは、育児や働き方に関して柔軟な企業たちだと思います。今のところ大企業が主ですが、就活をしている学生、または社会復帰を望む女性など、参考になさって欲しいなぁと思います。

アイデアを投稿したり、サイトの情報をブログに書いたりSNSで拡散させるのもいいと思いますよ!

womenwill画像5

僕もアイデアを応援しました^^

特にアカウントを作る必要はないみたいなので、気軽に利用してみてください!

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク