ブログが面白くないといけないのなら、僕は500日もブログ書いてないよ

スポンサーリンク

みなさんどうも500日。毎日ブログ書く系男子の@xi10jun1です。

「面白い至上主義」ってのが最近の世の中にはあって、「面白い」ことは大変に正義なんだそうです。

それがブログにもあるわけで、今回はそんなお話を。

スポンサーリンク

「面白い」は常に最高の価値を持つ

他人のブログを見たときに、どう思うか。

「面白かった」「役に立った」「感動した」「退屈だった」「腹が立った」「悲しかった」。

いろいろ感想が出てくると思いますが、この中で一番価値を持つのが「面白かった」というブログ。

別にブログに限った話じゃないですけど、この「面白い」ってのはどんな業界でも最上位の価値を持ちます。お笑いの世界は当然のこととしても、YouTuber、作家、クリエイター、営業マンに至るまで、ありとあらゆる場面で「面白い」ものは常に最高に価値あることとされています。

だから面白いもの、あるいは人に、お金も人間も集まるようになっている。これが人間社会の縮図です。

で、ブログの話に戻ると、やっぱり面白い人にはお金も人も確実に集まっているようです。そしてその「面白い」ってのには、最高の価値があることを知っているから、みんな面白い記事を書こうとするんですよね。

ブログは面白くないといけないの?

さぁ、そんなことをしようとするとどうなるでしょう?

  • まず手が止まる。
  • あるいは一線を越えて炎上する。
  • もしくはアカBANされる。

大体の人は手が止まって、書けなくなってくるんです。「面白い記事を書こう」「あれ?この記事は面白くないかも」「もっと面白い記事を書きたい」とするあまり、1日書かず、3日書かず、そして最後には更新が途絶えてしまう。

そんな人を何人も見てきた。だからこそ言いたい。

「ブログって面白くなきゃいけないの?

面白いってのは『望ましい状態』の1つであって、絶対条件じゃないよ。

そんな絶対条件を、いつも満たそうとするのは至難の業じゃない?有名なライターさんの記事だって、いつもバズるわけじゃないし、それこそ面白いブロガーさんの記事がいつも面白いわけじゃない。

目を覚ませ。」

まとめ:読まれなくて当たり前。楽に書こうよ

「ブログは読まれなくて当たり前」

僕のブログ運営の根底にあるのはこの考えで、読まれようと思って苦しむよりも、読まれなくて当たり前と思って楽に書こうよってことです。面白い記事をバンバン世に出せれば確かに最高だけど、いつもそれが書けるなら誰も苦労はしないんですよね。

だから僕はブログを500日以上も書き続けている。

全部が全部面白い記事じゃないし、そもそもブログの目的はカテゴリーごとに違うもの。どっちかというと「ブログを使う」という側面が強いから、「面白い記事を書きたい」なんてこれっぽっちもないしね。

『面白い』の他にも『PV』とか『収益』とか、それだけがブログじゃないよ。

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク