Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2678

クラウドバンクに入金成功!利回りの計算が楽なので皮算用してみた

2014年10月21日クラウドクレジット,クラウドバンク,ソーシャルレンディング,ラッキーバンククラウドファンディング,投資

やっとこさクラウドバンクに入金が完了しました。

これでようやく投資商品に投資できますよ!

というわけで、さっそくご紹介。

もくじ(見出しからすぐ移動できます)

中小企業支援型ローンファンド売掛債権確保型

クラウドバンク入金完了画像1

まずは投資商品の「中小企業支援型ローンファンド売掛債権確保型」。これの6か月運用タイプに投資してみたいと思います。

実はクラウドバンクをはじめとしたソーシャルレンディングのサイトには、こうした利回りを計算できる計算機が付属されています。

クラウドバンク投資商品利回り計算画像1

これですね。

ここに、投資予定の金額とか、利回り、投資期間を入力して、真ん中の「計算する」のボタンをクリックすると・・・

クラウドバンク投資商品利回り計算画像2

こんな風に、税引き後の受け取り金額が表示されるんです。これは便利!僕は何回も皮算用してしまいました。

でも実はまだ、投資はしていません。もう少し中身を見てからですが、この皮算用で計算した通り、取りあえず10万円を半年間運用してみたいと思います。

ちなみに今までの投資成績を見てみてると、「中小企業支援型ローンファンド売掛債権確保型」で運用利回り5%を超えている案件が結構あるんですよ。

ちょっと期待ですけど、それだけリスクもありますよね。売掛債権確保型とは銘打っていますが、要するに貸し倒れのリスクがあるということですし。

created by Rinker
ロードスターキャピタル株式会社
  • 概要:国内不動産特化型のソーシャルレンディング
  • 最低投資可能額:1万円~
  • 予想利回り(年率換算):4.5%~14.5%
  • ※10万円12ヵ月運用時の源泉所得税目安:918円~2,960円
  • ※10万円12ヵ月運用時の税引後受取収益目安:3,582円~11,540円
  • 主なリスク:不動産収益悪化のリスク、元本割れのリスク、貸付先事業者の信用リスク(貸し倒れ)、OwnersBookの事業リスク、自然災害リスク、その他ソーシャルレンディング特有のリスク
※あくまでも概算ですので必ずこうなるわけではありません。
created by Rinker
クラウドクレジット株式会社
  • 概要:海外新興国特化型ソーシャルレンディング
  • 最低投資可能額:1万円~
  • 予想利回り(年率換算):2.5%~14.7%
  • ※10万円12ヵ月運用時の源泉所得税目安:510円~3,001円
  • ※10万円12ヵ月運用時の税引後受取収益目安:1,990円~11,699円
  • 主なリスク:地政学リスク、為替リスク、貸付先事業者の信用リスク(貸し倒れ)、クラウドクレジットの事業リスク、自然災害リスク、その他ソーシャルレンディング特有のリスク
※あくまでも概算ですので必ずこうなるわけではありません。
created by Rinker
SBIソーシャルレンディング株式会社
  • 概要:国内外総合投資型のソーシャルレンディング
  • 最低投資可能額:1万円~
  • 予想利回り(年率換算):3.2%~10%
  • ※10万円12ヵ月運用時の源泉所得税目安:653円~2,042円
  • ※10万円12ヵ月運用時の税引後受取収益目安:2,547円~7,958円
  • 主なリスク:不動産収益悪化のリスク、元本割れのリスク、貸付先事業者の信用リスク(貸し倒れ)、SBIソーシャルレンディングの事業リスク、自然災害リスク、その他ソーシャルレンディング特有のリスク
※あくまでも概算ですので必ずこうなるわけではありません。
created by Rinker
日本クラウド証券株式会社
  • 概要:国内外総合投資型のソーシャルレンディング
  • 最低投資可能額:1万円~
  • 予想利回り(年率換算):4.2%~8%
  • ※10万円12ヵ月運用時の源泉所得税目安:857円~1,633円
  • ※10万円12ヵ月運用時の税引後受取収益目安:3,343円~6,367円
  • 主なリスク:太陽光発電案件は土地リスク、バイオマス案件は関連事業者リスク、元本割れのリスク、貸付先事業者の信用リスク(貸し倒れ)、クラウドバンクの事業リスク、自然災害リスク、その他ソーシャルレンディング特有のリスク
※あくまでも概算ですので必ずこうなるわけではありません。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年10月21日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。