2015年4月22日の運用成績は、ジャパンシステムちょい上げ!ドローン関連に注目したい!

2015年4月22日今日の運用成績ジャパンシステム

今日は日経平均が終値で2万円を超えてきましたねー!

いよいよ2万円台突入の時代ですが、どこまでいくのやら・・・。

マザーズ総合は反発。前日比+10.14円の924.06円。

日経平均は大幅続伸。前日比+224.81円の20,133.90円で取引終了です。

本日の運用成績はこちらです。

2015年4月22日運用成績画像

ジャパンシステムの持ちこしはいいとして、今日はドローンに関わる事件がありましたね。

事件から規制へ?ドローン関連銘柄はどうなる?

今日はこの事件でもちきりでしたね。

参照:首相官邸屋上にドローン セシウム由来の放射線検出:朝日新聞デジタル

この事件をきっかけに早速規制の動きが出ています!

参照:ドローン規制急ぐ=テロ防止へ航空法改正も—政府 – WSJ

明日のドローン関連銘柄に動きはあるのでしょうか?

フィスコのアプリでドローン関連銘柄を調べてみました。

  • 綜合警備保障(2331)
  • イメージワン(2667)
  • 菊池製作所(3444)
  • モルフォ(3653)
  • 住友精密工業(6355)
  • ソニー(6758)
  • 日本航空電子工業(6807)
  • 古野電気(6814)
  • 北陸電気工業(6989)
  • ヤマハ発電機(7272)
  • セコム(9735)

今のところ大きな変化はない感じですかね。

法規制されても、2兆円市場とも言われている規模の大きさを考えると、実はそんなに影響は無いのかもしれません。

それに、そもそもこれらの企業はドローンを専門に作っているわけではないですもんね(;^ω^)

いずれにしても、明日の値動きがちょっと楽しみです。

FXは泥沼やー

アカン

全然勝たれへん

こうも勝てないとなると、戦略に変更が必要だなぁ・・・。

シストレをやってみようかな・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年4月22日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。