Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2652

円安と原発などのエネルギーと自給率6%問題

その他いろいろ

最近ドル円で儲けを出している。円安だ。円安なんだが、ちょっと複雑。

円安と原発などのエネルギー

円安ということは、輸入品の仕入れ価格が高くなるということ。今まで100ドルの品物を買うのに1ドル100円だと1万円で済んでいたものが、1ドル105円になると10500円必要になる。

これと同じことが起きるという意味で、今一番懸念すべきはエネルギーの輸入。発電のための石油や石炭、ガスなどの資源を日本は輸入に頼っている。ということは1万円で仕入れられた資源が、円安によって10500円かかるということ。

これだとどう考えても光熱費は上がるよね。作っているところが材料費上がって、それを価格に転嫁してくるから。

同じことが野菜や果物にも言えるわけで。ハウス栽培なんかの冷暖房費って相当かかるしね。

日本のエネルギー自給率

よく、食糧の自給率って話題になる。

日本の食糧自給率は約40%。メディアは盛んに問題だと煽っているけど、これも結局何か裏があるような気がするよ。詳しくは分からないけど。

で、日本にはエネルギー自給率っていう指標もあって、これが今6%なわけね。

6%。

日本が自発的に賄えるエネルギーの量って、たった6%しかないわけ。

こっちの方が問題だと思うんだけど。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年9月15日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。