ボルテージのデイトレ失敗。投資のスランプ状態に。

その他いろいろ, 今日の運用成績株式会社ボルテージ

2020年7月10日日経平均画像

どうも投資がスランプ状態に陥ったようで、損切りしたデルタフライファーマがS高になってるし、取引したボルテージは損切りして終わったし・・・。

どうもこのタイミングの悪さが今年はずっと続いてて、然るべきタイミングで然るべき動きができないんだよなぁ。

ちょっと休んだほうがいいのかな・・・。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は大幅下落。

2020年7月10日日経平均画像

前日比-238.48円の22,290.81円で取引終了です。

新型コロナウイルスの影響や対中国の各国の摩擦が懸念されてか、大きく売られてきましたね。

死亡率は下がっている新型コロナウイルスですが経済的な打撃は避けられそうもない様子で、アメリカでも景気が元通りになるまでに数年を要するとの見方が出ています。

そして大統領選の候補者であるバイデン氏側が景気対策を打ち出すとの発表をするなど、選挙に絡んだ思惑の売買も増えてくるでしょうし、今後の相場はかなり難易度が高いですね・・・。

マザーズ総合は小幅上昇。

2020年7月10日マザーズ総合指数画像

前日比+4.90円の1,003.60円。

マザーズはいい加減、大き目の下押しをお願いしたいですね。

チャート的には天井サインの三尊天井が完成しつつあるので、ここらへんでドカッと下げがありそうな気配なんですが変な買いもちらほら。

800円くらいまでは下押ししてほしいな。

本日の運用成績はこちらです。

2020年7月10日運用成績画像

投資のスランプ状態

どうも最近、投資だけじゃないんですが、タイミングのズレに悩まされています。

やろうと思っていることがそう思った瞬間には動けなくて、後日動けるタイミングになったのにもうその機会ではなくなってる、というか。

投資でもデルタフライファーマを逃してしまうし、買った銘柄は下げるし・・・。

何かこのタイミングのずれを修正する方法はないものか?

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ