株とは大人のポケモンである!

たまにはシンプルにこんな見出しにしてみました(;´∀`)

さてさて、日経2万円になんなんとする今日、ニーサも含めて週刊誌やワイドショーなんかでは株の話題が増えてきた印象があります。インベスターZなる投資をテーマにした漫画も出てきて、本格的にブームになる日も近づいているのではないでしょうか?

株は大人の「ポケモン」

玉ボール画像

株は大人のポケモンです。

ピンと来ないかもしれないので、少し解説しましょうか。

本家ポケモンのゲームは、勝負に勝つとお金がもらえます。ところが勝負に負けると所持金が半分になりますよね。でも、ロールプレイングで勝負に負けることってあんまりないわけです。ポケモン育てて適当にレベル上げていれば、いつか登場人物の誰よりも手持ちのポケモンのレベルが高くなって、誰にも負けなくなります。

さて、一方の大人のポケモンこと「株」は取引が上手くいく(勝つ)とお金が増えます。でも、下手する(負ける)と所持金を半分以上失うどころかすっからかんになります。ポケモンは半分で許してくれますが、さすが大人のポケモンだけあって容赦ありません。

また大人のポケモン(株)は、ポケモン(銘柄)の名前や能力・得意技(事業内容)をいくら把握していても、言うことを聞いてくれません。敵を倒す(上方修正・株価の上昇)こともあれば、自滅(下方修正・株価の下落)することもあり、トレーナー(株主)を困らせます。

トレーナー(株主)には、ジム戦で手に入れたバッジ(職歴・学歴)に関係ありません。手持ちの勝手に動くポケモン(銘柄)たちのうち、敵を攻撃(上方修正・株価の上昇)してくれるやつを選ばなければならないのです。

※空売りは無視します。

サトシになろう!

どうやら本家アニメの「ポケモン」の主人公サトシはいまだポケモンマスターなる、未だによく分からない何者かになろうとしているようですね。

ポケモンがはじまったのが、1997年の4月。今は2015年なのでかれこれ18年もの間、ポケモンマスターとかいう謎の人物になろうとしているわけで、もはや下積みの長い中堅芸人です。

ポケモンマスターにはなれていませんが、それくらい長く未だ目標を見失わずポケモンと向き合っているわけで、トレーナー(株主)はサトシのようにならないといけないですね。

大人のポケモンは超激ムズのハードモード

株の取引はポケモンを超激ムズのハードモードにしたようなものなので、これから株を始められる方は気をつけて下さいね。

たまにはダラダラ惰文を書くのも悪くない・・・。

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク