ドル円やや反発するも為替は引き続き円高局面が続く。

今日の運用成績

2020年9月22日ドル円画像

今日も相場はお休みなので、為替市場を眺めています。

が、どうも円高局面は続きそうですねぇ。ドル円は一時104円を割りそうな雰囲気で結局104円台半ばまで戻したものの、そこから先は伸びていかないし。

しかしここから何のタイミングで戻ってくるんだろうか・・・。

もくじ(見出しからすぐ移動できます)

今日のドル円の市況

2020年9月22日ドル円画像

104円台に突っ込んでからの戻りが鈍いな。元々というか、最近のドル円自体が値動きに乏しい状態だったけれど、105円から落ちたあとにまともな反発が・・・。

昨日今日で104円半ばまで戻したとはいえ、これまでの下げ幅から考えると、本当にまともな反発ならもうとっくに105円後半か106円に戻ってきてもおかしくないんですが。

ここで105円に戻ってこないとなると、ジリジリとまた円高になって103円に突っ込みだす可能性があるな。

本日の運用成績はこちらです。

2020年9月22日運用成績画像

為替取引の難易度上昇

現状、ドル円はアメリカの経済対策と大統領選、ユーロ円とポンド円はEUの経済対策、豪ドル円はオーストラリアの最大の貿易相手国である中国の関係でそれぞれ動いている状態です。

今のところコロナウイルスの影響を受けているのがEUですね。フランスで感染者がまた増えているとのことで、リスクオフの状態になっています。

アメリカは大統領選の行方というか、選挙戦前の様々なニュースで上下に振れやすいので注意ですね。前回の大統領選のときもそうでしたから。

そしてオーストラリアだけではなく、中国絡みで見ていくと怖いのが更なるリスクオフ。実際に米中がドンパチやる可能性は限りなく低いものの、経済制裁や人権問題などでアメリカから世界中に中国包囲網が敷かれだしているのでね。更なる摩擦で円高リスクは拭えないのかなと。

引き続き、急騰急落に注意が必要だな。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ