楽天225ダブルベア、VALUENEX利確。日経平均もマザーズも続落するが強さを維持。

今日の運用成績VALUENEX,楽天225ダブルベア

2020年6月12日日経平均画像

ダウが1800ドル近くドカ下げする暴落相場だったわけですが、日経平均もマザーズもよく持ちこたえたな!

それだけ下で買いたい投資家がいたのでしょうけど、それにしても強い。

で、そんななかで楽天225ダブルベアとVALUENEXをデイトレして、無事利確することができました。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は続落。

2020年6月12日日経平均画像

前日比-167.43円の22,305.48円で取引終了です。

続落ではあるものの、場中は21,700円付近まで落ち込んでからの反発でここまで回復しているので、これまでの日経平均では考えられないくらい強いです。ダウが1,800ドル下げた翌日の下げ幅が167円って・・・。

土日に何もなければ月曜日は上昇で始まる可能性が高いですが、アメリカはコロナの影響だけじゃなく大統領選もあるのでね・・・。

マザーズ総合は続落。

2020年6月12日マザーズ総合指数画像

前日比-7.90円の999.24円。

マザーズも前場は大きく下げていましたが、後場にかけて怒涛の買い戻しが発生してましたね。

しかしこんなに強いなんてなぁ。コロナの影響で経済がヤバいんじゃ・・・。

ともかく、ここからまたもう一段の上昇もありえるので、新興株メインのデイトレはしばらく続くかもしれないな。

本日の運用成績はこちらです。

2020年6月12日運用成績画像

VALUENEX利確

VALUENEXは昨日の決算発表があまり芳しくなく、マザーズよりもダウンパフォームしてさげていました。

それを見越して今日は買いを入れていましたが、ちょっと早売りだったかな。もう少し待って値幅を取れば・・・。

でも損していないだけでマシと思わなきゃな。他の投資家さんたちはかなり損してる人もいますし。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ