経済産業省の行政サービス『gBizID』(gビズID)のアカウント『gBizIDプライム』作成!社会保険や補助金の手続きは電子申請の時代!

節税,節約,経費,自営業

経済産業省の行政サービス『gBizID』(gビズID)のアカウント『gBizIDプライム』を作成!社会保険や補助金の手続きは電子申請の時代!サムネ画像

みなさんどうも電子申請!オンライン化賛成派の@xi10jun1です。

1つのID・パスワードで社会保険の手続きや各種補助金の電子申請ができる、経済産業省の行政サービス『gBizID』(以下、gビズID)のアカウント『gBizIDプライム』に申し込みました。

日本でもやっと電子申請のプラットフォームが出てきましたので、さっそくレポートしておきます。

gビズIDとは?どんなメリットがある?

gビズIDは経済産業省が提供している電子申請プラットフォームで、2020年4月から運用が開始されています。

アクセス→GビズID

アカウントを作成することで、社会保険の手続きや各種補助金の申請をオンライン上で行えるようになるわけですね。

メリットについては公式の動画がありましたので、こちらをご覧ください。

ざっくりまとめると

  • 行政手続きの一元化
  • 申請にかかる業務の効率化
  • 電子申請による通信コスト(印紙代、切手代、その他書類にかかる代金)の削減

あたりがメリットになります。

もちろんデメリットとして

  • セキュリティリスク
  • アカウントの管理と引継ぎ問題
  • gビズIDを使いこなせる人材の確保※

あたりが上げられます。

※人材の確保とありますが、適任者の存在の有無よりもむしろ『上司や社長といった上の立場の人、あるいは会社全体として電子申請の活用に理解があるかどうか。』という点が懸念されるでしょうか。

心中お察しする次第です。

gビズIDアカウントの対象者と作成方法

gビズIDでアカウントを作成できる対象者は以下の通りです。

アカウントを作成できる方は法人番号を有し、かつ、法人番号等を公表することについて同意している企業等の代表者の方、府省/地方公共団体に所属する決裁権者の方、事業を営む個人の方、又はその従業員・職員等の方であることを条件としています。

引用元:GビズID | FAQ

なので法人はもちろん、個人事業主や自営業といったフリーランスでもアカウントを作成することが可能です。

そしてgビズIDアカウントには

  • gBizIDプライム:審査を経て発効し、ID・パスワード・2段階認証を経てログイン。要携帯電話(スマホ)。全ての手続きが行える。
  • gBizIDメンバー:gBizIDプライムから発行され(つまり従業員用)、ID・パスワード・2段階認証を経てログイン。要携帯電話(スマホ)。電子申請の利用に制限がある。
  • gBizIDエントリー:審査無しでオンラインで発行し、ID・パスワードを経てログイン(2段階認証無し)。携帯電話(スマホ)不要。電子申請の利用に制限がある。

の3種類があります。

基本的には法人の代表や個人事業主、gビズIDの管理責任者であれば『gBizIDプライム』の発行になり、従業員はgBizIDプライムから発行される『gBizIDメンバー』としての登録になります。

gBizIDエントリーも利用可能ですが、こちらは言わば簡易版ですね。本格的な運用を考えるならば『gBizIDプライム』を発行したほうが良さそうです。

アカウントの作成方法については公式動画がありましたので、こちらを参照して下さい。

・アカウント作成方法

簡単に流れを説明すると

  1. GビズIDにアクセス
  2. 作成したいアカウント種別(gBizIDプライムかgBizIDエントリーあるいは委任申請)から必要事項を入力
  3. 完成した申請書を印刷して日付と捺印(実印など印鑑登録証明書と同じもの)をし、印鑑登録証明書と共に指定された住所に郵送
  4. 2週間後に登録完了の通知がメールで届く

となります。

そんなに難しくはないですが、まだここで捺印をしなければならないのか。

ハンコ文化早く無くなって欲しい・・・。

gビズID電子申請ができる行政サービス一覧

gビズIDによる電子申請対応の行政サービスは下記の通りです(2020年4月29日現在)

随時更新します。

まとめ:社会保険や補助金の手続きは電子申請の時代!

やっと日本でもこうした電子申請のプラットフォームが運用されるようになったか。

いざというときの補助金や給付金の手続きに、「手書きだ」「郵送だ」「どこそこ行って相談だ」ってやってたら手遅れになってしまいます。『○○が早い人は仕事ができる』なんてありますけど、要するにこういうことですね。

それにgビズIDが利用できる範囲は随時拡大していきますから、今のうちにアカウントを作って『いざ』というときに備えておきましょう。

アクセス→GビズID

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク