日経平均大幅下落。新型コロナウィルスが原因というより売りのきっかけ待ちだったか?

今日の運用成績

2020年1月27日日経平均画像

今日は日経平均が大きく下げましたね。

時間を追うごとに感染者と死者数の拡大のニュースが出てきている新型コロナウィルスの影響とのことですが、下げで儲けたい大口の投資家による売り浴びせのようなものもあるかもしれないな。

元々高止まりしていましたし、ダウも下げたことできっかけを得た、と言ったところでしょうか。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は大幅下落。

2020年1月27日日経平均画像

前日比-483.67円の23,343.51円で取引終了です。

新型コロナウィルスの影響と言えばそれまでですが、現代の防疫技術やSARS(サーズ)やMERS(マーズ)の経験もありますので、事態の収束が早いことを祈るばかりです。

そうなれば株価も復活するでしょうけど、今後はこうした『きっかけ待ち』期待から売り浴びせ、事実で回復の上昇というパターンが出てくるいつもとは逆パターンの値動きになるかもな。

マザーズ総合は続落。

2020年1月27日マザーズ総合指数画像

前日比-17.95円の851.45円。

マザーズも同様に影響を受けていますが、チャートが崩れてしまったので回復はさらに時間がかかるかもしれませんね。

昨年末にかけての買い上がりで買った投資家たち、かなり損しているだろうな・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2020年1月27日運用成績画像

噂て売って、事実で買いの相場か?

日経平均が材料不足から高止まりしている状況では、いつもの『噂で買って事実で売る』ではなく、『噂で売って、事実で買う』のショート勢が増えるかもな。

となると、仮に新型コロナウィルスが抑え込まれた場合、相場が回復してもまた高止まりして別のリスクで下げての繰り返しか。

足元の景気も消費税増税の影響で鈍くなってきているようですし、これはなかなかマズい状況では・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ