アクリート引け後にIR!ケイスリー社と業務提携でGovtech(ガブテック)関連銘柄へ

2019年3月28日今日の運用成績アクリート

今日はアクリートが低調な値動きでしたが、引け後に待ち望んだIRがでましたね。

ケイスリー社と業務提携により、地方自治体向けSMS配信プラットホームを開発していくとのこと。

相手が行政なので、国策の一種だとすれば、なかなか有力なIRですな。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反落。

前日比-344.97円の21,033.76円で取引終了です。

この落ち方がまたえぐいな。様子見相場かと思いきや、急にこの下げだもんなぁ。

きっかけは半導体銘柄の下げやトルコの信用不安再燃とされているようですが、いずれにしても日経平均が全然安定していないことは分かりました。

ドル円は今のところ円安気配なのですが、これもどうなることやら。

マザーズ総合は反落。

前日比-5.47円の955.65円。

チャート全体で見ると、そろそろ大きく上に上がりそうな形をしていますね。ここらで+50円くらい上がってくれると、アクリートもドカッと上げられるんだけどねぇ。

でも本当にそろそろ1,000円台は乗っかって欲しいな。

本日の運用成績はこちらです。

アクリートがケイスリー社と業務提携しGovtech(ガブテック)関連銘柄へ

アクリート社がケイスリー社と業務提携し、地方自治体向けSMS配信プラットホームを開発していくとIRがでました。

参照:ケイスリー、アクリート社と業務提携、地方自治体向けSMS配信プラットホーム開発を推進|ケイスリー株式会社のプレスリリース

Govtechとは、Government:行政とTechnology:テクノロジーの造語で「ガブテック」と呼びます。フィンテックの行政版ですね。

ガブテックなんて初めて聞きましたが、行政を相手にするということは国策に近いわけですから、これは注目しておかないとな。

以前マイナンバーが導入されたときに関連銘柄が吹き上がったので、それと同じように上がってくれると嬉しい。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2019年3月28日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。