ネット炎上もハインリッヒの法則が成り立つ

2019年3月3日ブログ

みなさんどうもハインリッヒ!火気厳禁でブログをお届けしている@xi10jun1です。

ネットの炎上、最近毎日1件以上は見るようになってきました。主にツイッターですけどね。

でもこのネットの炎上というのも、実はハインリッヒの法則が当てはまるかもしれませんよ。

ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則は、『1件の重大な事故の背後には29の軽微な事故が、その背景には300の異常がある』とする、労働災害における一種の経験則のこと。

交通事故なんかがいい例ですね。

衝突事故が起きたとしたらその背後には29件の軽微な事故が、その背景には300のヒヤッとする瞬間があるということです。

ネットの炎上もハインリッヒの法則が成り立つ

ネットの炎上は『これはけしからん!』な事象とご意見の摩擦から発生するわけですが、これをハインリッヒの法則の当てはめるとこうなります。

重大な事故:炎上

29件の軽微な事故:同じ事象でも摩擦が生じなかった

300の異常:その事象を引き起こしそうになった瞬間

まとめ:リアルの社会には300の異常がある

ファミレスみたいな場所にいると、10件/時くらいの火種が目や耳に入ってくるんですよね。

つまり、300の異常です。

それがネットに上がる、つまり29件の軽微な事故となり、1件の炎上となるわけです。

近年、アルバイトの不適切動画が取り沙汰されていますが、仮に10件炎上してたとしたら、少なくとも全国で290件ああいった悪質な行為行われているという計算になるわけか・・・。

スポンサーリンク

ブログ

Posted by jun