なぜ若者はヒッチハイクに挑戦したがるのか?

ブログ

みなさんどうもヒッチハイク!ヒッチハイクは向いていない系男子の@xi10jun1です。

最近中学生がアメリカをヒッチハイクで横断すると騒ぎになっていましたが、どうやら保護されて帰国するとのこと。ひとまず安堵しています。

いわゆる「若者のチャレンジ!」系の話で1・2を争うヒッチハイクですが、なぜそんなに挑戦したがるのだろうか?

偉業を残してきた先人たちの多くがヒッチハイクをしている

ヒッチハイクというと、成功した30代~50代の会社経営者が若いころにやってました、という話が非常に多い。

猿岩石のお二人やホリエモンなど、若いときにヒッチハイクをしている著名人は数知れず。そしてその後、何らかの形で成功を収めているように思います。

そんな彼らの話は講演や書籍で知ることができますので、影響を受ける若者もいらっしゃるのでしょう。

まとめ:自分で何かを為すちょうどいい試練としてのヒッチハイク

僕はヒッチハイクを「自分で何かを為すちょうどいい試練」と見ています。

自分の頭で考えて、自分で決めて、自分で動く。成長過程で必要とされる、自律した行動をするためのちょうどいい壁。それを自ら得ているのだと。

ただ最近はSNSで発表することで、別の壁が生まれているようですけどね。

スポンサーリンク


ブログ

Posted by jun