ZOZOTOWNの前澤友作社長の100万円企画 #月に行くならお年玉 に乗っかった理由

2019年1月6日お金

スポンサーリンク

みなさんどうも100万円!年末ジャンボは大外れだった@xi10jun1です。

ZOZOTOWNの前澤友作社長が突然始めた #月に行くならお年玉 企画。

フォローと該当ツイートのRTで、抽選で100人に100万円(総額1億円)を現金でプレゼントしてくれるということで、なんとも太っ腹な催しとなっています。

ZOZOTOWNの前澤友作社長の #月に行くならお年玉 企画概要

前澤友作社長のアカウント(@yousuck2020)をフォローして、1/7までに↑のツイートをRTするだけ。

すでにこの時点で300万RTを超えており、日本記録を大幅に更新とのこと。

僕も応募した!

お金じゃなくて夢がほしい

前澤友作社長のツイートへのリプライを見ていくと、自他含め、実に様々な夢が出てきます。

  • 車買います
  • 留学行きます
  • 店開きます
  • 投資します
  • 家族と旅行します
  • 絵を買います

誰しも『いつかこうしたいな』と夢を見るけれど、実現させるには莫大なエネルギーが必要で、一番不足するのがやっぱりお金。

  • 時間がある
  • 意欲がある
  • 知恵がある

でもお金が無くて夢を諦めてしまった。

人類の歴史上、そんな人がいったいどれだけいたのだろうか。

僕が乗っかった理由

まずツイッターで見るお金配ります系投稿のなかでも、上場企業の社長がやるという圧倒的な信用度は当然あります。

あと僕が100万円と聞いて思い出した、『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!!』という、昔懐かしい番組のあのフレーズ。子供の頃あの番組が大好きで、プレステ1の電流イライラ棒のゲームも買いましたよ。

あれ以降、テレビ番組の企画や特にクイズ大会の優勝賞金って大体100万円設定でしたよね。

そこで運よく賞金を手に入れた人たちが、家電を買ったり、旅行に行ったり、学費や生活費に充てたり、趣味に使ったり、家族や社会貢献のために使ったりすると受け答えしていた記憶があって、当時はうらやましかったなぁ。

ただああいうテレビ番組の企画って、子供だと参加できなかったり、親が全然参加する気がなかったりして悔しい思いをしたもんです。100万円もらえる企画に応募することができなかった、あの子供の頃を思い出しちゃったんだ。

それに100万円って『誰もが思うお金があったらやりたいことを、ほぼ全員が大体実現できるであろう現実的で分かりやすい金額』ですよね。家電製品をそろえても最新のPCを買っても、まだお釣りがくるんだから。

それを一企業の社長がポケットマネーを使い、しかも簡単な作業だから宝くじより低コストで、抽選で100人にくれるって言うんですから乗っかるしかないべ!

まとめ:100万円の使い道はまだ未定

応募はしたけど、特に使い道は考えてなかったな。

子供の頃にできなかった『100万円の企画に参加する!』はもう達成してしまったので、当たっても当たらなくてもどっちでもいい。

強いて言うなら、東北のために使うかな。

スポンサーリンク

お金

Posted by jun



スポンサーリンク