ブログ・サイトの表示速度にこだわる理由!スピードもユーザビリティ!


スポンサーリンク

ブログ

みなさんどうもスピード!表示速度には相当こだわっている@xi10jun1です。

ブログ・サイトの表示速度って、みなさんはどのくらいですか?僕のブログはスピードテスト系のサービスを使うと、おおよそ1.7~3.0秒くらいの数値が出ます。

最近はこの表示速度がとても大事だと考えているので、今回はその話です。

ユーザーの遅いサイトへの見切りはかなり速い

もうね、とにかく遅いサイトの離脱率は相当高い。

これはもうデータ云々以前に、街とか電車内でけっこう見聞きしている。

『このページおっそ。繋がんない。別んとこ載ってないかな?』って、見切りがめちゃくちゃ早いの。

グーグルもスピードアップデートとして、あまりに遅いサイトは評価を下げるらしい。でも、ユーザーはもっと速いのを望んでいる感じがするんだよね。

スマホでいろんなことができるようになっているけれど、それには操作スピードも含まれているのかもしれない。

ユーザーは全員〇んこが漏れそうな人だと思え!

だから僕は、最近こう思うようになりました。

『ユーザーは全員、う〇こが漏れそうな人だと思え!』

急な便意でトイレに行ったとき、めっちゃ並んでたら我慢できます?

僕はできないので、別のトイレを探します。

サイトに訪れるユーザーも同じで、今すぐ目的を達成したいのにサイトが遅くては話にならないのです。

しかもそれは、自分の端末や通信の強弱じゃなくて、『サイト側に問題があるのでは』と最初に疑うようなのです。

元々検索にしてもSNS経由にしても、サクサク動いている環境から急にノロノロになったら、『サイト側に問題があるのでは?』と最初に疑って当然ですよね。

だからユーザーは離脱するわけです。

まとめ:スピードもユーザビリティ

僕はよく東京に行きますが、交通機関に乗るまでの時間ギリギリで飲み食いできる飲食店を探すことがあります。そんな状況でサイトの表示速度が遅かったら嫌ですからね。

それこそ食べログはAMP化されているので、かなり表示速度が速くて助かっています。

スピードもユーザビリティですから、ブログやサイト運営をするならそこも意識したいですね。

スポンサーリンク

ブログ

Posted by jun

スポンサーリンク


スポンサーリンク