LINEやリクルートの上場は初値売りもセカンドも狙えるか

2014年7月16日お金, IPO, LINE, リクルート



スポンサーリンク


今年の大型上場案件は見逃せませんなぁ!

全世界4億人以上のユーザーとなったLINEと、国内大手広告会社リクルート。両方とも初値で儲けることは容易いと思う。

LINEのビジネスとIPO

LINEは検索大手ネイバーの日本子会社としてビジネスを展開。通話アプリ「LINE」を中心にしたスタンプの販売や、自作のスタンプを売買できる「LINE Creators Market 」などの独自のサービス、ゲームによる課金で儲けを出している。

今回のIPOはアメリカでも行われる。現在アメリカのLINEのユーザー数は1000万人程度らしい。そのため、上場によって認知度を高め、そのユーザー数を伸ばすのが狙い。

懸念材料は、親会社のネイバーが韓国の企業だということ。LINEは日本子会社とはいえ、上場すれば、買収のリスクも考えられるから、それは親会社が何か手を打つだろうね。それに、日韓関係の軋轢が影響しないとも言えないし、情報漏えいの話は「無い」とされているが、最近の乗っ取り被害がその脆弱性を物語っているようにしか思えない。まぁでも、それを指を咥えてみていることはしないだろうから、近く対処されるだろうな。

いずれにしても、大型のIPOになることは間違いないし、関連銘柄は今のうち買っておきたい

リクルートのビジネスとIPO

まぁ、ここは言うとこなし。リクナビ、ゼクシィ、SUUMO、ホットペッパーなどなど、情報サービスの超大手企業ですね。

今ここで上場する理由として考えられるのは、M&Aやグローバル展開するための世界的な信用力を得ることとされている。特にM&Aはビッグデータの分析やITビジネスで競争力を高めるためとされている。

過去にあった過労死の裁判から見ても、これまでのイケイケドンドンの体育会系営業では、なかなか難しくなってきたのかもしれないな。まぁ、個人的にはいい流れだと思う。でも、裁判は勝っても負けても企業イメージを下げるから、そういうのが増えてくるのがちょっと怖いかな。実際、過払い金請求ビジネスが落ち着いてきた弁護士たちが、今度は「ブラック企業ビジネス」に乗り出している、なんて話もあるし。

絶対当てたい!

マネックス証券に口座を申し込んだ。ここはIPOの割り当てが平等らしいので、是非とも使ってみたいし、IPOというものを体験したいね。

それに、どちらの企業も上場後のセカンド上げが期待できる、なんて情報もある。サイバーダインのような感じになるのかな。

ちなみに僕は、A8.netのセルフバックで、IPO用にマネックス証券の口座開設をしました。自分でA8経由からセルフバックで商品を購入などすると、成果報酬が受け取れる制度があります。

マネックス証券の口座開設画像

少し見えにくいですが、マネックス証券の口座開設で3704円の報酬が確定しています。

A8へはこちら→A8.net

特に金融関係は報酬額が高いので、おススメです。提携してなくてもセルフバックはできますし、FX口座の開設もありますので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年7月16日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク