じげん損切り、楽天225ダブルベア買い増し、システムソフト保有

今日の運用成績じげん, システムソフト, 楽天225ダブルベア



スポンサーリンク


じげんを損切りしました。

今日はマザーズも上げていましたが、じげんは場中少しだけ反応した程度で、上げ幅を維持できなかったからです。

このしつこい売りが嫌になったので、もう手放しました。

今日の市況

マザーズ総合は大幅反発。

前日比+16.40円の904.95円。

そう、この上げ幅だったのに、じげんは場中875円まで急騰したものの、結局終値が856円。かろうじて上げた程度ってことは、まだ売りがあるってことだもんなぁ。

本当に意味不明。業績のいい銘柄が、意味もなく売られることほど苦しいものはないな・・・。

日経平均は大幅続伸。

前日比+230.90円の18,996.37円で取引終了です。

一時19,000円超えてましたからね。どんだけ強いんだよ・・・。

今年、日銀がマイナス金利すら導入したのにどうにもならなかった日経が、まだ正式に就任もしていないトランプ次期大統領の存在感と、利上げ思惑ドル高の円安だけで19,000円だもの。

こうなると下げが怖いな。数十円単位の下げじゃなくて、500円~900円単位の下げが・・・。

本日の運用成績はこちらです。

システムソフトを保有

そして保有したのが、システムソフトです。昨日大きく買われたようなのですが、今日は下げていますね。

初動のようにも見えますが、どうでしょうねぇ。

大型に資金が流れているから今日は下げたのか、それとももう熱が冷めてしまったのか。確かIoTの関連銘柄だったはず。もう一度洗い出してみますか。

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

One Tap BUY(ワンタップバイ)
One Tap BUY(ワンタップバイ)は、なんと1,000円から株式が売買できる証券取引サービスです。手数料は定額プラン980円/月(税込み1,058円/月)か、都度プラン(株価の0.5%分の手数料を買いの場合は加算、売りの場合は減算)から選べます。「お金がないから投資できない」を「こんなお金でも投資できる」にしたサービスです。
詳しくはこちら

関連記事:One Tap BUY(ワンタップバイ)の口座開設・購入方法・手数料を徹底解説!1000円から株主になろう!
myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(自動判別で各OSのストアにアクセスできます)

関連記事:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」が便利!保有株式の分析もスマホで楽々!

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
主要通貨スプレッド。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
スリッページが発生しにくいFX会社。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

ソーシャルレンディング関連

ソーシャルレンディングはネット上でお金を借りたい人(企業)と貸したい人(投資家)を結びつける仕組みで、投資型クラウドファンディングの一種です。
OwnersBook(運用中)
国内不動産特化型のソーシャルレンディング。1万円から国内の主に東京都内を中心にした不動産事業者に投資ができる。こちらも不動産特有のリスク(不動産市場の悪化、自然災害、流動性)がある。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:OwnersBook(オーナーズブック)で5万円の不動産投資!収益分配と利回り公開!(運用中)
関連記事2:SBIソーシャルレンディングで5万円不動産投資!収益分配と利回りの結果を随時更新!(運用中)
関連記事3:クラウドクレジットの収益分配と利回り公開!5万円投資の結果!(運用完了)
関連記事4:ラッキーバンク収益分配と利回りの内訳を公開!5万円の小額投資の結果は?(運用完了)

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2016年12月9日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク