夏の福島県観光ならあぶくま洞さ行ぐべ!圧倒的自然と時間を冒険しなんしょ #summertrip


スポンサーリンク

2016年7月26日福島

どうも!連日の猛暑にもだえ苦しむ@xi10jun1です。

ブロガーのかみじょー(@MinatoWorks)さんが、ブログ記事で連動企画の募集をしていました。

大学生の夏休みにオススメの地元観光ということで、福島県からは「あぶくま洞」をご紹介します。

あぶくま洞とは

あぶくま洞画像

画像引用元:あぶくま洞 – じゃらんnet

福島県というと、自然がいっぱいなイメージがあると思います。

その中でも、世界的に有名なものというと、福島県田村市にある「あぶくま洞」が挙げられます。

およそ8,000万年という歳月をかけて創られた大自然の造形美。全長600mの洞内に、種類と数の多さでは東洋一ともいわれる鍾乳石が続くあぶくま洞。

引用元:あぶくま洞 |あぶくま洞

8,000万年という途方もない時間の流れに圧倒されますね(;^ω^)

でも、もともと石灰岩の採掘をしていたところに発見されたので、観光地としての歴史はそんなに古くはありません。

あぶくま洞は1969年9月、現在の釜山採石場跡地から発見された。

引用元:あぶくま洞 – Wikipedia

大学生の夏休みにオススメの理由:鍾乳洞という未知の世界を冒険できる!

普通、自然を楽しもうと思ったら、山や海に行きますよね。

でも、鍾乳洞は自然を楽しむほか、時間の流れを感じて楽しむ観光地なんです。

8,000万年というとてつもない時間の流れが生み出した自然の美しさ。

普通に暮らしていたら、滅多に見ることはないですよね。

ネットやスマホでは味わえない、本当の神秘の世界に行ってみませんか?

天然のクーラー!涼し過ぎてもはや寒い?

そしてなにより、涼しい!

天然のクーラーともいうべき涼しさで、人によっては半そででは寒いくらい。

以下のツイートにも、そのようなコメントが出ているはずです。


まとめ:夏の冒険はあぶくま洞へ!

北海道ですら30℃を越えるようになってきた日本列島。

「もう夏の暑さに耐えられない!」

そんな方は、是非あぶくま洞に行ってみてくださいな。

時間の流れが生み出した圧倒的な自然の美と空間。夏とは思えない気温。まさに異空間を冒険しているかのようで、雰囲気は抜群ですよ!

あぶくま洞の基本情報

・住所:福島県田村市滝根町菅谷東釜山1

・アクセス:JR磐越東線神俣駅から車(タクシー)で10分

・営業時間1:8:30~17:00(3月上旬~11月下旬)、

・営業時間2:8:30~16:30(11月下旬~3月中旬)

・定休日:年中無休

・電話番号:0247-78-2125

・料金: 大人(大学生)1,200円

・出典および公式サイトURL:http://abukumado.com

・地図

・注意点

かなり山奥にあるので、歩いていこうとすると、夏は確実に暑さでやられます。

タクシーで行く方が無難ですね(;^ω^)

※モンスターやラスボスは出てきません。姫も閉じ込められていません。お宝もありません。爆弾で壊せる壁もありません。エクスカリバーやマスターソードを携えて行かないでください。

なお、宿泊先は安定の→【じゃらん】 東北のホテル・宿の予約

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年8月12日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

福島

Posted by jun

スポンサーリンク


スポンサーリンク