2015年6月4日の運用成績は、ブロードバンドタワー保持!IoTサービスは着々と?

2015年6月4日今日の運用成績ブロードバンドタワー

スポンサーリンク

実は今日、IoT関連の記事をずっと眺めて過ごしてました。

そのブログ記事も書いていたのですが、上手くまとまらず・・・。

そしたら、ブロードバンドタワーのニュースがデター!

マザーズ総合は反発。前日比+6.71円の969.38円。

ちょこちょこ資金が入るようになってきた感じがするな。

日経平均は小幅高。前日比+14.68円の20,488.19円で取引終了です。

なんとか2万円台を維持していますが、まだまだ油断できないっすね。

本日の運用成績はこちらです。

2015年6月4日運用成績画像

ブロードバンドタワーなぜ下げた?

冒頭でも書きましたが、今日はIoTのニュースとかもろもろ探してました。

関連銘柄としては、既存の大手家電メーカーとか、システム開発、センサーなどに携わる幅広い企業が対象のようですね。

そしたら、ブロードバンドタワー後場になって垂れてきやがってぐぎげご。

何か売りが入った模様。

そしたら、夕方ぐらいになってこんなニュースが。

株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原 洋、以下「ブロードバンドタワー 又は 当社」 コード番号:3776 ジャスダック)は、次世代大規模データセンターを2018年度に調達すべく計画に着手いたしました。

引用元:ブロードバンドタワー、次世代大規模データセンター計画に着手 | プレスリリース | IR情報 | 株式会社ブロードバンドタワー

ざっくりまとめると、

IoTのためのデータセンターをNTTデータに協力してもらって作るよ!

ってことだそう。

これが材料視されてか、PTSで現在368円まで買われています。

どのくらい大きな材料なのか、明日の株価を見るしかなさそうです。

FXは堅調も、IMFの発言で利上げは遠のく?

今日は取引が上手くいきました。

これと言って大きな取引はありませんが、コツコツ積みあがってこの利益になりました。

そして夜、IMFが「ドルは過大評価」と発言したことにより、124.500から一気にドル売りが進みました。

ただ、IMFの発言後で一気にドル売りが進むかと思いきや、一転してドル買いが進んでしまったので、また方向感が分からなくなりましたねぇ・・・。

これまでなら、IMFほどの組織の発言でトレンドが変わるところですが、それでもドル買いか・・・。

しばらく124円台が続きそうなんだよなぁ。

そして、隙あらば125円までドル買いが進みそうです。

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(OSは自動判別)

関連記事1:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」の使い方!保有株式の分析もスマホで楽々!
関連記事2:[2019年最新版]投資(総合・投資信託・株式・信用取引・IPO・FX)の勉強用おすすめ無料アプリ!
Funds(ファンズ)
funds投資記事用画像
Funds(ファンズ)は投資型のクラウドファンディングの一種で、貸付ファンドと呼ばれる利回りと運用期間が予定された金融商品に投資できるサービスです。上場企業やそのグループ企業などに1万円から投資できます。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:Funds(ファンズ)のセミナーに参加!貸付ファンドについての質問と回答まとめ

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
スリッページが発生しにくいFX会社で、主要通貨スプレッドは下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

 

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年6月4日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。


スポンサーリンク