サーフェス(Surface)PRO2でスクリーンショットを撮る2つの方法

2014年9月10日ブログ

僕はサーフェス(Surface)pro 2を使っているんですが、スクリーンショットの取り方が分からなくていろいろ調べてたんです。

そしたら、いい方法が2つ見つかったので、メモ的な感じで残しておきたいと思います。

なかなか便利ですね!

サーフェス(Surface)スクリーンショット方法1:全画面

全画面のスクリーンショットは簡単です。

サーフェス(Surface)の画面下、本体のフレームにあるWindowsのマークがありますよね。

スクショ用ホームボタン画像

このマークに指を触れながら、本体脇にある音量調節のボリュームを下げるボタンを押すと、一瞬暗くなって撮影され、全画面のスクリーンショットを撮ることができます。

コツは上のマークに触れてから、触れた指をそのままにして、音量調節のボリュームを下げるボタンを押すことです。同時に押すとうまくいかないです。

キーボードにも同じマークがありますが、それでは撮影できませんでした。なので全画面のスクリーンショットを撮るには、左右の指が二本必要になります。

ところがこの方法だと、いちいち画像を編集しないといけないわけです。編集ソフトを選んで、スクリーンショットを選択してトリミングして保存して・・・めんどくさい!

サーフェス(Surface)スクリーンショット方法2:部分キャプチャ

そこでこれですよね。

僕は仕事ではMacを使っていたので、Windowsで部分キャプチャができないかと悩んでました。そしたら、サーフェスにもそういったのが備わっていたので、それを書いていきたいと思います。

まずサーフェスに備え付けのアプリ、「Snipping Tool」を起動させます。これです。

Snipping Tool画像

これをデスクトップ画面にピン止め(右クリック)しておいて、画面の一部分をキャプチャをしたいときにクリックして使います。

クリックするとこのようになります。

サーフェス画像キャプチャ練習画像1

画面に小窓がでてきますので、そこにある「新規作成」をクリックします。

サーフェス画像キャプチャ練習画像2

すると、画面が白くなります。この状態になったらカーソルが十字の形になりますので、キャプチャしたい範囲をカーソルでドラッグしてキャプチャします。

サーフェス画像キャプチャ練習画像4

キャプチャが完了すると、このように確認の画面になります。このまま編集することも可能です。そしたら、保存します。

サーフェス画像キャプチャ練習画像5

保存先を選んで保存します。

これで後からワードプレスに画像をアップロードすれば、完了ですね。

まとめ:スクリーンショットの撮影は簡単!

サーフェスで画像キャプチャするなら、「Snipping Tool」の方法が早くて簡単ですね。

2017年9月追記:もうこの記事の作成からだいぶ時間が経過しましたが、Surfaceも順調に新型が出てきていますね。実はまだPro 2を使っているのですが、そろそろCPUの熱がヤバめです・・・。

マイクロソフトのSurfaceの販売ページによると、下取りや値下げキャンペーンも適宜行われているようなので、買い替え検討の方は一度確認してみましょう。僕もそろそろ・・・。

Surfaceの新着登場!購入や予約は→Microsoft Surface Pro(256GB/Core i5)

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年9月10日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

ブログ

Posted by jun

スポンサーリンク



スポンサーリンク