2015年4月15日の運用成績は、データセクション買い増し!FXは戦略を変える

2015年4月15日FX, 今日の運用成績

今日もマザーズ続伸で結構結構!

でも、日経平均はなかなか2万円に届きませんねぇ(;^ω^)

マザーズ総合は続伸!前日比+2.67円の930.37円。

日経平均は続落。前日比-38.92円の19,869.76円で取引終了です。

本日の運用成績はこちらです。

2015年4月15日運用成績画像

今日は様子見。

データセクションを買い増ししました

データセクションを買い増ししました。

ここからさらに続伸してくれるといいのですが・・・。

週足で底を打ったかのように伸びているので、このまま年初来高値を目指して欲しいところ。日足でGC目前というところまできていて、ひとまずは初値の900円越えを期待したい。

また、こんな記事も。

デジタルインテリジェンスおよび、データセクションが運営するデータエクスチェンジコンソーシアムは、経済産業省が公募した「先端課題に対応したベンチャー事業化支援等事業」において、実施事業として採択された。

引用元:経済産業省公募のデータ利活用促進支援事業にデータエクスチェンジコンソーシアムのプロジェクトが採択:MarkeZine(マーケジン)

データセクションをはじめ、ここ最近のマイナンバー関連の銘柄の急騰ぶりを見る限り、国策銘柄に買いが入っている印象です。

低価格競争になったMVNOや、一時期のブームが去った印象のあるスマホアプリ会社は、投資先としては少し微妙になってきた。gumiの件もあって、IPOも盛り下がっている。

よって、より確実に需要が見込める事業を行っている会社、とりわけ国策に関連する銘柄の方が将来性が高いのかもしれません。

FXは戦略を変えました。

FXは損切りして戦略を変えました。

まず、いっつもいっつも損しているのは夜中の取引をしているときなんです。指標の発表などで思いがけない数字がでて、それに一喜一憂していた。

一方午前中の取引は、比較的利益が出ていることが多くて、それを利確していれば儲けることができていたはず。

つまり、夜中に取引をする、あるいはポジションを次の日に持ち越すといった取引をしているうちは、儲けることはできないということに気が付いたんですねぇ。

なので、取引する時間を決めました!

・取引時間は夜の7時まで!

・これ以降は取引を一切しない

・ポジションも持ち越さない

これを今後は守っていこうと思います!

今度こそ儲けを出す!

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(OSは自動判別)

関連記事1:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」の使い方!保有株式の分析もスマホで楽々!
関連記事2:[2019年最新版]投資(総合・投資信託・株式・信用取引・IPO・FX)の勉強用おすすめ無料アプリ!
Funds(ファンズ)
funds投資記事用画像
Funds(ファンズ)は投資型のクラウドファンディングの一種で、貸付ファンドと呼ばれる利回りと運用期間が予定された金融商品に投資できるサービスです。上場企業やそのグループ企業などに1万円から投資できます。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:Funds(ファンズ)のセミナーに参加!貸付ファンドについての質問と回答まとめ

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
スリッページが発生しにくいFX会社で、主要通貨スプレッドは下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年4月15日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。


スポンサーリンク