ポン円S利確し株はノートレ。日経平均はジリ上げだが積極的な買いは見られず。

今日の運用成績

2020年7月27日日経平均画像

今日はポンド円のSポジで利益が出たくらいで、株はノートレでした。

デイトレするにも新興市場は下げ基調でしたし、日経平均はジリジリと上昇してただけでポジれるような雰囲気じゃなかったし。

プレシジョン・システム・サイエンスで取れれば良かったが、ここも値があまり持たなかったな。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は小幅安。

2020年7月27日日経平均画像

前日比-35.76円の22,715.85円で取引終了です。

一時は400円ほどの値下がりだったのですが、寄り底でしたか。新型コロナウイルスの影響は先が見えないですし、米中の対立は激化の様相ですし、夏相場だし、金融緩和でジャブジャブとはいえ積極的な売買は難しい状況ですね。

ドル円に至っては105円台に突入してしまったので、大型輸出株を中心に業績に不安が残るな。これ特に米中の対立の続報でさらに下に突っ込みかねないので、為替も注意深く取引しないとな。

マザーズ総合は反落。

2020年7月27日マザーズ総合指数画像

前日比-18.15円の994.45円。

マザーズはもっと下げてほしいのですが、デイトレできないくらいドカ売りは困るからこのくらいの幅がちょうどいいですね。

あとはここから800円割れくらいまでジリジリと押して、そこから反発が理想。狙っている銘柄が安くなったところを買い入れて数か月放置ですな。

ただコロナに米中摩擦に、タダでは済まない下げが待ってそうな気も・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2020年7月27日運用成績画像

ドル円の円高が止まらない

106円~108円でずっとウロウロしていたドル円ですが、ここにきて急に105円台に突入してしまったな。きっかけとして考えられるのは米中摩擦の激化でしょうけど、中国と対立している国がアメリカ以外にも複数あるのが去年とは違うところですな。

直接の武力衝突は考えにくいですが、経済や制裁といった冷戦のような状態が続くことを踏まえると円がまた買われる展開があるかもしれませんね。

長期の売りポジ持っておこうか・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ