本日はノートレ。日経平均は大幅反発だが根拠が弱い。

今日の運用成績

2020年8月3日日経平均画像

日経平均が大幅反発していますが、相変わらずアメリカの景況感がちょっと良かっただけで上がる主体性の無さを見せています。

どうせまた新型コロナウイルスの感染拡大や中国リスクで下げるんでしょ。で、アメリカで何か良い情報が出れば上がる。

国内景気を本当に見てないね・・・。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は大幅反発。

2020年8月3日日経平均画像

前日比+485.38円の22,195.38円で取引終了です。

先週アメリカの個人消費の指標が発表されて、予想よりも結果が良かったことと大手IT企業の決算も良好でダウが上昇。さらに、大きめの下げからの買い戻しもあって、全体的な上昇相場だったようです。

なかなか買い場を作ってくれませんねぇ・・・。個人的には中国のリスクを過小評価しているこの相場にいら立ちを覚えますが、いずれ目を覚ますときがくるでしょう。

マザーズ総合は大幅反発。

2020年8月3日マザーズ画像

前日比+36.75円の994.98円。

マザーズまでこの上がりようでは困るな。目標の800円割れが遠のいてしまった。

昨年にかけてあれだけ中国のリスクで下げていたのに、アメリカ以外の国々が対中リスクを抱える昨今はお金ジャブジャブで下げないなんて・・・。ま、諸手を上げて買っている投資家は痛い目を見るでしょう。

本日の運用成績はこちらです。

2020年8月3日運用成績画像

中国リスクを過小評価しない

米中摩擦は新しい段階に入りましたし、香港が中国の法律で陥落し、インド、オーストラリア、イギリスと対立国が増えていく時代になりました。

これまでの単なる貿易摩擦ではないですし、中国という国の強硬姿勢から見るに話し合いによる平和的な解決はほぼ不可能でしょう。

お金がジャブジャブだからと中国のリスクを過小評価してはいけません。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ