ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ損切り、楽天225ダブルベア買い増し。日経平均は再び軟調へ。

今日の運用成績ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社, 楽天225ダブルベア

2020年7月1日日経平均画像

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社をデイトレしようとしたんですが、思ったよりも上がらなかったな。

アンジェス関連なので昨日の同社のIRでもう少し注目されるかと思いきや、市場の雰囲気が悪かったな。

あとはどうも日経平均が軟調気味になってきたので、再び楽天225ダブルベアを買い増ししました。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反落。

2020年7月1日日経平均画像

前日比-166.41円の22,121.73円で取引終了です。

日経平均のチャート、オニールの空売りの図にそっくりになってきたな・・・。だからって売りが強まるとは限りませんが、上値が抑えられている様子はうかがえますね。

なにより、世界的なリスクを見ていくと新型コロナウイルスに米中摩擦に経済悪化に大統領選に、とても金余りだからと積極的な買いが出る状況には見えないんですが・・・。

マザーズ総合は続落。

2020年7月1日マザーズ総合指数画像

前日比-14.21円の997.90円。

マザーズは全体的に売りが出ましたね。アンジェスの下げはもちろん、バイオ系銘柄の下げに加えて日経平均の売りにも連れ立って下げていた様子でしたし。

新興市場に関して言えばこれまでの上昇があるだけに、下げももっと派手に起こりそうだな・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2020年7月1日運用成績画像

デイトレの難易度上昇

デイトレ3連敗なんですが、どうも新興市場の値動きのある銘柄で取れていないんですよね。

下げたところでの買いやタイミングはいいんですが、売り時だよなぁ。今日だってヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社の株が一時はプラテンしていたわけですし。

利確ラインをもっと厳密にしたほうがいいな。ちゃんと儲かるようにしなきゃ。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ