ポジポジ病の対策方法と僕が立ち直ったきっかけ。

FX,ブログ,

みなさんどうもポジポジ病!BTCFXでポジポジ病だった@xi10jun1です。

FXや先物取引をやっていると患うことがあるポジポジ病。要はどんな状況でもポジションを持ちたくなってしまう病ですが、かつては僕もビットコインのFXであるBTCFXでそのような状況でした。

なので当時の知見から、ポジポジ病の対策方法や克服の仕方について解説します。

ポジポジ病の正体

ポジポジ病の本質的な正体は、『目先の儲かるかもしれない』という希望です。

チャートを見てふと湧いてくる『あ、ここだ!』的なタイミングや、理想的なタイミングを見つけてしまうことで『チャンスを逃したくない』とポジらずにいられなくなるわけですね。

しかし、ここがいわゆる分岐点になります。

相場が自分に都合よく動くわけがない

まず前提として、『自分の都合の良いように相場は動かない』ことを認識していなければなりません。

僕がBTCFXをやっていた当時はビットコインがうなぎ登りの状態でしたから、ある意味『都合の良いように動く相場』でもありました。

そのため余計にポジポジ病が加速していたのです。『ここでロングしたら儲かるかもしれない』という瞬間が山のように見受けられました。

そうやっていくうちに大きく損をするわけですが、そのときに気が付いたのは『どんな相場も一辺倒ではない』ということ。今となっては当たり前ですが、当時はそこに気が付かなかったのです。

儲けられそうという驕り

そしてポジポジ病をもっと掘り下げていくと、そこにあるのは驕りです。

『この相場のこのタイミングは自分が儲けられる!』という驕りこそが、ポジポジ病の最も根源にある原因です。

そしてその驕りは、次に『このくらいまで上がったら(or下がったら)利確しよう』といった具合に希望的観測へと進化します。相場がそんな調子良く動くなら苦労はありませんが、そう思ってしまうのです。

まとめ:ポジポジ病の克服方法は謙虚に奢らず戒めること

相場の世界で自信は禁物。

目先の『儲かるかもしれない』は、『儲かるカモかもしれない』。そう思えば自然と『カモにはなりたくない』と冷静になれます。

謙虚に奢らず戒めましょう。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


FX,ブログ,

Posted by jun