日経平均は続落。ついに米国10年債利回りが1.6%に。

2019年8月7日今日の運用成績

日経平均は続落ですね。やはり多少の反発はあっても、上値の重さというか売り圧の強さが目立つなぁ。

それにドル円が106円台でウロウロしていて、反発の勢いもあっという間に弱まってしまった。今この記事を書いている段階では、105円台に再び突入しています。

また、とうとう米国10年債利回りが1.6%台にまで下がってきましたよ!

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は続落。

2019年8月7日日経平均画像

前日比-68.75円の20,516.56円で取引終了です。

反発したといえばしたんですが、やはり続かないですね。売り圧がとにかく強くて、買い目線だった投資家が軒並み損をしている様子。

米中の摩擦への懸念もそうですし、あとは米国10年債利回りの低下も影響があるのでしょう。ダウの下落だけじゃないはず。

ドル円も105円台に突入では、積極的な買いは出てこないだろうな。

マザーズ総合は続伸。

2019年8月7日マザーズ総合指数画像

前日比+0.53円の872.48円。

マザーズは続伸ですが、下がったのとほぼ同じくらいだろうなぁ・・・。

狙っている銘柄もいくつか下げているので、狙いたいところではあるものの、まだこの段階では手が出ないなぁ。

本日の運用成績はこちらです。

2019年8月7日運用成績画像

米国10年債利回りの低下は要警戒

ついに重要指標の1つに大きな動きが出てきましたね。

米国10年債利回りの急激な低下は、安全資産とされる国債の積極的な買いが入っているが故。ということは、市場はリスクを感じているということ。

米中の摩擦に、いよいよ両国の経済界が悲鳴を上げ始めたんでしょうね。

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(OSは自動判別)

関連記事1:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」の使い方!保有株式の分析もスマホで楽々!
関連記事2:[2019年最新版]投資(総合・投資信託・株式・信用取引・IPO・FX)の勉強用おすすめ無料アプリ!
Funds(ファンズ)
funds投資記事用画像
Funds(ファンズ)は投資型のクラウドファンディングの一種で、貸付ファンドと呼ばれる利回りと運用期間が予定された金融商品に投資できるサービスです。上場企業やそのグループ企業などに1万円から投資できます。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:Funds(ファンズ)のセミナーに参加!貸付ファンドについての質問と回答まとめ

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
スリッページが発生しにくいFX会社で、主要通貨スプレッドは下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク



スポンサーリンク