アフィリエイトはジャンル選びよりも理念が先

2019年6月29日ブログ

みなさんどうもアフィリエイト!もうこの業界の清浄化は望めない思った@xi10jun1です。

アフィリエイトがまた悪者扱いされているような投稿を見つけたり、『○○万円稼いだー』と大騒ぎしている様を見たりするたび、『あぁ、この業界はもう清浄化しないだな』と感じます。

理念が全くないから。

アフィリエイトサイトはジャンル選びより理念が先

『アフィリエイトで稼ぐなら、稼げるジャンル選びだ!』的なツイートが、まぁまぁの数でRTされて回ってくるのですが、僕はそれよりも理念のほうが大事だと思っています。

  • 地元を良くしたい
  • 好きなものや業界を盛り上げたい
  • ネットの粗悪な情報を駆逐したい

まずこれが原点であるべきだと思うのです。

『お金を稼ぎたい』は自分のことしか考えていないので、理念とは言えません。利益率の高さと参入障壁の低さ、そして『お金を稼ぎたい』の1点張りでやってくるからこそ、薬機法違反だろうと情報商材だろうと、なりふり構わない人間が出てくるわけでしょう。

そうやって、アフィリエイトのイメージが悪化したとも言えると考えています。アフィカスなんて呼ばれますからね。

まとめ:そのサイトやブログに理念はあるか?

  • 問題認識
  • サイト運営でそれをどうやって解決できるか
  • ユーザー、広告主、業界、自分の利益に最大公約数で貢献できるか

そのあたりの理念の源泉がしっかりしていないと、年々厳しくなるこの業界でサイト運営で生き残っていくのは難しいでしょう。

お金を稼ぎたいだけのサイトやブログやユーザーに見抜かれ、グーグルからも嫌われてしまいます。

スポンサーリンク

ブログ

Posted by jun