セルシード反発も謎の売り圧力で思ったよりも上昇せず。

今日の運用成績TBグループ, セルシード

セルシード、昨日のIRで最低で900円かもっと上がるかと思ったんですが、上髭を残した嫌な売られ方をして終値が826円。

反発といえば反発なんですが、なんでこういう売られ方するかな?

まだ黒字化予定の業績に不安があるのだろうか?

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は続伸。

前日比+140.40円の21,952.40円で取引終了です。

日経平均は堅調なままですね。ドル円も113円台半ばと、昨日に引き続き安定しているので安心感から買い気配だった様子。

またここ1週間は特に目立ったリスク要因もありません。強いて言えば、アメリカのハイテク株の行方くらいでしょうか。

でもこういうときに限って変なリスク要因が出てきたりするので、油断禁物ですな。

マザーズ総合は続伸。

前日比+10.57円の975.04円。

マザーズなどの新興市場も堅調でした。

チャートも底を固めている様子なので、ここはこのまま1,000円台に復帰してほしいところ。

何かの拍子にドカッと上げそうな感じはするな。

本日の運用成績はこちらです。

セルシード反発も売り圧力が強い

せっかく本業に即したIRが昨日出たのに、息切れするかのように売られて下げてしまった。

信用買い残が減っているので、IRで上げたところを決済売りしたのでしょう。

でもそれにしたって、下げ幅が大き過ぎるような。

TBグループは引き続き小動き

ここはもう見守るしかありませんが、政府からの何らかのアナウンスを待つしかないな。

ただ東証二部なので、マザーズなどの新興市場とは少し資金の入り方が異なるのでね・・・。キャッシュレス関連で連れ高になるといいけど。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ
※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2018年11月27日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。