無理に数字を入れると説得力の押し売りで逆に引かれる

ブログ

みなさんどうも説得力!またサイト運営に力を入れている@xi10jun1です。

最近新しくサイトを立ち上げまして、これから10年続くであろうテーマで記事を作成しております。

そのとき意識しているのが、数字に頼りすぎないということです。

数字を入れると説得力が出るというセオリー

ブログやサイトのタイトルに数字を入れると読まれやすいとか、説得力が増すとか言われます。

例えば。

  • 「〇〇式ダイエットならたった1週間でウエスト-5㎝!」
  • 「契約数3倍!生命保険の契約が取れる魔法のフレーズとは?」

こういうの、ネットでよく見ますよね。

理由は簡単。

人は良くも悪くも数字に弱い生き物です。なので注目を集めたり、説得力を持たせるために数字がよく用いられるからです。

ところが。

多用やしつこい数字は説得力の押し売りと見抜かれる

例えばこんなタイトルどうでしょう?

「ブログ歴5年の僕が選ぶ、100万PV読まれるブログタイトルの付け方100選」

まぁ読まれるかもしれませんが、僕的にはあまり興味をそそられません。

理由は2つ。

1つは数字がダサい。100万PVとか100選とか、『あ、インパクトを狙ってるな』というのが薄々感じられる点。そう。この”薄々感じられる”ってのがポイントです。

もう1つは、『数字を使えば読まれるだろう』という悪い手抜きっぽさを感じる点。実際は100も選ぶのは大変でしょうけど、問題はこの“数字を使えば読まれるだろう”と感じられてしまうところ。

この2つの理由に共通する、読み手に何らかの違和感を覚えさせるタイトルこそ、読み手に”説得力の押し売りと見抜かれる”原因になります。

本質的に必要不可欠な数字にこそ説得力が宿る

さっきのタイトルと比べてみます。

  • 「〇〇式ダイエットならたった1週間でウエスト-5㎝!」
  • 「契約数3倍!生命保険の契約が取れる魔法のフレーズとは?」

こちらの2つは、実際に1週間でウエストが-5㎝になったり、魔法のフレーズで契約数が3倍になったという、数字を使わなければ表現できない事実・結果から説得力が生み出されたタイトルです。

一方の「ブログ歴5年の僕が選ぶ、100万PV読まれるブログタイトルの付け方100選」というタイトル。

100という数字に幼稚さがある上、100選という希少性・簡潔性の薄さからみても、あまり説得力を感じません。強いて言うなら”ブログ歴5年”というのがやや説得力を持たせそうですが、結局は自称ですからね。

つまり疑いようのない客観性の高い数字こそ、説得力があるんです。自分で勝手に作り出した「〇〇が××な4つの理由」だと、『あ、このサイトは数字を使って読まれようとしてるな。』という下心を相手に与えてしまいます。

まとめ:数字に説得力を持たせるなら客観性の高さを意識せよ

この”数字を使えば説得力がー”というのは、アフィリエイトやライター、ブロガー向けの本によく出てきます。

確かに説得力を持たせられますけど、それって寄って立つ根拠やデータがあってこそ意味を成すと思うのです。ただ数字を羅列したところで、その下心は簡単に読み手に悟られます。

事実、そういったタイトルの記事は、もう僕は読んでいません。数字を安易に使うという行為そのものが下心丸出しですから、気持ちよく読めません。

できれば客観の数字を使いましょう。

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2017年10月21日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

ブログ

Posted by jun

スポンサーリンク



スポンサーリンク