『投資素人がFXで400万円損した話』レビュー!投資の失敗で失うのはお金だけじゃない?

スポンサーリンク

みなさんどうも大暴落!ビットコインの証拠金取引を裁量でやっている系男子の@xi10jun1です。

昨日「投資の本には失敗した系のものが少ないなぁ」的なツイートをしていたら、フォローしている人がありがたい本(kindle)を紹介してくれました。

それが今回の本『投資素人がFXで400万円損した話』です。

『投資素人がFXで400万円損した話』概要

筆者はパラワン太郎さんという方。ブログを拝見したところ、現在はフリーランスのようです。

ブログはこちら

個人製作の電子書籍のため、ページのボリュームは34ページと一般的な書籍より少なく、価格も280円と控えめ。内容もいたってシンプルで、筆者であるパラワン太郎さんが、2016年に大損した経緯をまとめたものです。

しかし損した額は控えめではありません。

その額400万円!

ヒィィィ!

そのため本書の目的はこのようになっています。

この本は、私自身が犯した失敗を一人でも多くの人に知ってもらうことで、今後同じような悲惨な失敗をする人が続かないことを願って執筆しました。

引用元:投資素人がFXで400万円損した話

スポンサーリンク

いい点レビュー:損失確定までの生々しい経緯が赤裸々に綴られている

簡潔に言えば、人が損失を出すまでの経緯がよく分かる本でした。

ギャンブルとの出会い、そしてFXというものの存在を知った筆者がどうやって損失を出し、そしてどうなったのか。非常に赤裸々に綴られていて、短いながらも読みごたえがありました。

特に印象的だったのがこの一文。

しばらくして、自分がやってしまったこと、買い判断の後悔、早く切らなかったことの後悔、250万円貯めるのにかかった年月と努力、250万円でできたはずのこと、失った250万円の重みがじわじわと効いてきて、絶望で目の前が真っ暗になりました。

引用元:投資素人がFXで400万円損した話

もうこれだけで、食欲減退・・・。

1㎏くらいはダイエットできそうな文章です。

こちらは2016年6月、イギリスのEU離脱国民投票の際の損失の状況だそうです。が、本のタイトルは『投資素人がFXで400万円損した話』なので、まだこのあと150万円の損失が・・・。

続きは本書を見てもらうにしても、いわゆる『損失を出した後に傷口を広げてしまう』典型的な展開が待ち受けています。その結果、「失うものはお金だけではないんですよ」ということが、読み進めていくとよく分かります。

いや、読んでいるだけでツラい・・・。

悪い点レビュー:実際の損失の画像があるとよかった

損失を出したという証拠と言うか、画像みたいなものもあるといいのかな?と思いました。

そんな大爆損している状況で無茶を言うなって怒られそうですが、やはり実際の画像というのはそれだけ説得力が増しますので。もしくはチャートですね。実際のエントリーポイントと心理状態を組み合わせたチャート画像なんかがあれば、より臨場感もあったのかなと。

また「FXには手を出すな」とおっしゃるものの、ブログを見てみると、現在はビットコインを保有していたり、EAの開発も行っているご様子・・・。

まとめ:投資の失敗にこそ本質が隠れている!

こうした投資の失敗が書かれている書籍って、本当に少ないですよね。

一般に販売されている書籍も、成功する方法のほうが圧倒的に多く、失敗した話と言うのはなかなかありません。筆者も述べていますが、誰しも損した話というのは表沙汰にしにくいところがあります。

その意味でも、ただの損失報告にとどまらず、精神状態や心理的な面も描写している本書は非常に珍しい作品です。これで34ページというボリュームを踏まえても、280円だと安すぎるような・・・。

500円くらいでもいいかと。

スポンサーリンク

記事が役に立ったらみんなにシェア!

いつもありがとうございます!はてブの方はもっとありがとうございます!