ワードプレスのマニアックだけど役に立つプラグイン4選!無料ブログでは為し得ない機能に酔え!

みなさんどうもワードプレス!毎日が悪戦苦闘の@xi10jun1です。

いやー飽きませんねぇ、ワードプレスは!いじっているとあっという間に1日が終わるので、人生がつまらないと思ったらワードプレスをやりましょう。

さて今回はですね、いわゆる「初心者が導入すべき・・・」みたいなものはもう検索されていると思うので、あえてマニアックなんだけどきっと役に立つ機能をもったプラグインをご紹介します。

Wise chat:ワードプレスにチャットを設置できるプラグイン!

引用元:Wise Chat — WordPress Plugins(プラグイン用公式ページ)

Wise chatは、ウィジェットや任意の場所に、チャットを設置できるプラグインです。

プラグインを有効化すると、ウィジェットに選択項目が出てくるので、画像のようにそのまま置いて使うこともできます。

設置場所は、ショートコード[wise- chat](お使いの際は半角スペースを消してご利用ください)を使ったり、PHPファイル内で<?php if (function_exists(‘wise_chat’)) { wise_chat(); } ?>(お使いの際は全角の<>を半角にしてご利用ください)として呼び出すなどして使うこともできます。

そしてなにより、このプラグインはとてもカスタマイズ性が高いんですよ。

チャットボックスのレイアウトはもちろん、特定IPのブロックやBAN、チャット利用時間の設定、不適切な文字が使用された際の置き換え(例えば「うんち」と入力すると「品のない投稿はできません」といった自動置き換えが可能になる)など、非常に高性能!

最近はチャットを設置しているECサイトをよく見ますが、ああいった運用をワードプレスでも行うことが可能になりますよ!

参考までに、カスタマイズ方法については僕の記事を載せておきます。2年前の記事ですが、お役に立てれば幸いです。

ワードプレスにチャットを設置するWise Chatプラグインの設定方法と使い方

BuddyPress:ワードプレスをSNS化させるプラグイン!

引用元:BuddyPress — WordPress Plugins(プラグイン用公式ページ)

ワードプレスの中でも、特に異彩を放つプラグインとして有名なのがこのBuddyPress。なんとワードプレスをSNSサイトに改造してしまうプラグインなのです。

僕の運営している「しふくま@福島のサイバー喫茶」という地域ブログがあるのですが、こちらはBuddyPressで運用しております。

SNSのような投稿やリプライはもちろん、フェイスブックのような公開・非公開設定が可能なグループ作成、ユーザー同士のダイレクトメッセージ機能など、SNS的なコミュニティサイトが構築できます。

日本ではあまり運用実績が見られませんが、僕の地域ブログ「しふくま@福島のサイバー喫茶」が有名になってくれればなぁという思いでおります!

設定方法についても記事にしておりますが、こちらも2年前と、ちょっと古いですのでご注意を。Wise chat同様、お役に立てれば幸いです。

BuddyPressの設定方法と使い方(有料テーマ購入時のアップロード編)

Post Snippets:簡単ショートコードでアフィリエイトコードや定型文を一括管理!

引用元:Post Snippets — WordPress Plugins(プラグイン用公式ページ)

Post Snippetsは、広告や定型文をショートコードに変換できるプラグインです。

これの何がスゴイって、例えばアフィリエイトコードをいれておくと、このショートコードが置いてある記事全てに適用される点です。案件が終了あるいはコード変更時に、手動で全部の記事を編集するのとPost Snippetsの設定画面を1回変更するのと、どちらが早いですか?って話ですよね。

設定画面はこんな感じ。

先ほどのWise Chat同様、ショートコード[abc]として記事中に入れたり、PHPファイル内で<?php echo do_shortcode(‘[abc]’); ?>(お使いの際は全角の<>を半角にしてご利用ください)として呼び出すなどして使うこともできます。

ワードプレスで広告や使いまわしの定型文を一元管理するには、このプラグインがかなりオススメです。

Sandwich Adsense:見出し(h2、h3、h4)の上下にアドセンスや広告を表示!

引用元:Sandwich Adsense — WordPress Plugins(プラグイン用公式ページ)

Sandwich Adsenseは、見出しタグ(h2、h3、h4)の上下に広告や文章などを自動挿入できるプラグインになります。

Sandeich Adsense設定画像2

設定はめちゃくちゃ簡単!

まずTarget Tagで、広告を出す見出し(h2,h3,h4)を選択します。続いてWhich Tagで、見出しの上から何番目に表示させるかを選択し、Target Placeで見出しの上側(above)に出すか下側(under)に出すかを選択します。

最後に掲載する広告コードを空欄にコピペして、Saveすれば設定完了です。

「スポンサーリンク」の表記をする場合は、画像のようにスポンサーリンク<br />(“<br />”コードが表示されてしまうときは削除しましょう)と記述してその下にコードを貼り付けます。

こちらもブログに詳細を明記していますので、お役に立てれば幸いです。

Sandwich Adsenseプラグインなら猿でもh3見出し先頭に広告設置が可能!

ちなみにこのプラグインの作成者は、ブログ「モンハコ~問題の8割はコミュニケーション」を運営されているブロガー、モンハコ@mon8coさんです!

まとめ:ワードプレスはプラグインを楽しもう!

ワードプレスってプラグインを駆使することで、何倍もの可能性を生み出してくれます。

王道のプラグインももちろん重要ですが、ちょっと癖があるけど役に立つプラグインもたくさんあります。そんなプラグインを探したり、運用したり、たまにエラーと格闘するのもワードプレスの醍醐味ですから、ぜひ諦めないで運用してみてください。

ところでさっき、BuddyPressの記事で有料テーマって単語が出てきましたよね。実は地域ブログ「しふくま」で使っているテーマは「Socialize」と言いまして、海外のプログラム製品販売サイトから購入したテーマなんです。

「Envato Market」というサイトで、そのなかにあるワードプレステーマを販売しているThemeforestというページから購入しました。ちなみに、プラグインも売ってます。

テーマ自体はワードプレス内で検索しても無料のが手に入りますが、海外のオシャレデザインなテーマにチャレンジするのもオススメですよ!

Envato Market

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク