なぜ日本人はツイッターが大好きなのに創業者4人を答えられないのか?~ツイッター創業物語~を読んで

みなさんどうも、ツイッター!ツイッターで大好き系男子の@xi10jun1です。

今でこそ赤字問題や身売り話が出ているツイッターですが、日本では相変わらず大人気のSNSでございます。

ところが、その創業者は誰?と聞かれても、答えられる人って結構少ないんですよね。そんな方にオススメの本があります。

ツイッター創業物語

それがこちらの本、”ツイッター創業物語”でございます。

まず、ツイッターを作ったのは4人います。

  • エヴァン・ウィリアムズ(Blogger創業者。現在はMediumのCEO)
  • ジャック・ドーシー(現CEO。決済サービスSquareの創業者)
  • ノア・グラス(”Twitter”の名付け親)
  • ビズ・ストーン(ツイッター内外の調整役)

つまり、ツイッターは共同創業によって作られたサービスなわけです。厳密にはもう少し複雑なんですが、この4人が創業者として知られています。

全体的な内容をまとめると、“起業のリアルが生々しく綴られているTwitter社の沿革”って感じですね。表紙や帯にも書かれていましたが、裏切りや追放など、昼ドラとはまた違ったビジネス特有のドロドロ感があって読み応えは十分!

ただ翻訳っぽさというか、英訳っぽい言い回しが多いので、少し読みにくさは感じるかもしれません。

構成としては、ツイッターを作るまでの話が少し長めなんです。けれど4人の生い立ちや性格、それぞれのスキルや実績などが、後々ツイッターを作るまでの物語と作ったあとの顛末を彩ってきます。

メインは、エヴァン・ウィリアムズとジャック・ドーシーの関係性ですが、ノア・グラスがなぜツイッターを去ることになったのか、ビズ・ストーンがツイッター社の中でどういう立ち回りだったのか。この辺りも面白いですよ。

読み進めていくごとに「あー、この人はこういう人だから、こうなるのか。なるほどな。」というのが分かってきます。

“なぜ日本人はツイッターが大好きなのに創業者4人を答えられないのか?”の答え

twitter%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%82%b4%e7%94%bb%e5%83%8f
で、タイトルに書いた”なぜ日本人はツイッターが大好きなのに創業者4人を答えられないのか?”という問いですが、その答えって何だと思います?

サクッと答えるなら、ツイッターは好きだけど作った人には興味がないとか、創業者の数が4人と多いからとか、そんな感じでしょうか。でも例えばFacebookを使っていない人でも、「Facebookの創業者は?」と聞かれたら、マーク・ザッカーバーグとは答えられますよね。

この差って何だろうと考えたとき、最近ふと思ったのは、「結果だけ知れれば(体験できれば)いい。理由や原因を探るのは面倒臭い!」みたいな意識の人が増えているからかなと。

料理は作るより食べる方が、簡単で楽で楽しいですからね。だから、ツイッターがなぜ無料で使えるか、なぜYouTubeが無料で見れるのか、なぜグーグル検索は無料なのか。それらを知る余地もないわけです。

当然、創業者も知らない。

でもそれじゃあ、あまりに無知すぎます。”楽しい”の裏側には、必ず”苦しい”があるはずです。ツイッター創業物語は、そんなことに気がつかせてくれる貴重な本だと思います。

まとめ:起業のリアルを最年少上場企業の社長になりたい若者にオススメ!

今をときめくSNSやアプリも、こうしたドロドロした話の中から生まれたのかもしれません。僕だって、前の小さい会社で少し揉めたりしましたからね。古今東西、老若男女、国内外関係なく存在するのでしょう。

いわゆる「友達と起業してはいけない」みたいな、そういった起業すると起こり得るトラブルのあれこれがぎゅうぎゅうに詰まっています。なので起業を目指す若者、とりわけ最年少上場企業の社長になりたい人に特にオススメの本ですよ!

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク