倉元製作所利確、SJI一部損切り、サイバーコム保有

今日の運用成績カイカ(旧SJI), サイバーコム, 倉元製作所

今日は倉元製作所を利確して、SJIを一部損切りして、サイバーコムを保有しました。

今朝方、マグネシウム関連銘柄として同株が取り上げられていたので、成行で買ってみたんです。

久々に利確しましたが、SJIを損切りしたのでマイナス収支ですね・・・。

今日の市況

マザーズ総合は続落。

前日比-2.71円の948.76円。

950円超えてきたので、もっとグイグイ上がるかと思いきや、大型の方に資金が行っているようですね。個別で強い銘柄はありますが、市場をリードするほどの銘柄はない感じですなぁ。

日経平均は続伸。

前日比+164.67円の17,024.76円で取引終了です。

ここでついに17,000円超えてきたか。ここからさらに抜けていけば、上昇トレンドかもしれません。が、大統領選を間近に控えて、クリントン優勢なら上、トランプ優勢なら下、のような動きにならないといいけど。

本日の運用成績はこちらです。

2016%e5%b9%b410%e6%9c%8811%e6%97%a5%e9%81%8b%e7%94%a8%e6%88%90%e7%b8%be%e7%94%bb%e5%83%8f

サイバーコム反転狙い

今日はサイバーコムを保有しました。

サイバーコムは10月3日の急上昇分から値が戻ってきたので、840~916円付近の押し目付近からの反発を狙ってみました。それに日足の25日線にも差し掛かっていたので、こちらからも反転上昇していければ。

それにしても、先月から5Gの話題が全く出てこないのですが・・・。サイバーコムは同テーマのメイン銘柄として注目されていただけに、5Gの続報とか出てくれればなぁ。

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

仮想通貨関連

仮想通貨とは、暗号理論を用いて電子的に発行される通貨のこと。特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。
zaif
仮想通貨の販売所・取引所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ネム、モナコイン)のほか、ICOやトークンも幅広く取り扱い、積立投資もできる万能サービス!とりあえず仮想通貨を始めたい方にオススメ!
bitflyer
仮想通貨の販売所・取引所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ネム、ライトコイン)の取り扱いはもちろん、BTC/JPYで証拠金(レバレッジ15倍)取引(BTCFX)ができる「Lightning FX」が人気。ただしBTCFXは値動きが激しいため、リスク管理の徹底をしましょう!
bitbank
仮想通貨の販売所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナコイン、ライトコイン、リップル)が、現在は取引手数料無料で売買できる。
なお、仮想通貨の先物取引ができるbitbankTrade(ビットバンクトレード)もある。CGF(キャピタルゲインフィー)と呼ばれる制度によって追証無しを実現した独自サービスが人気。ただしBTCFXは値動きが激しいため、リスク管理の徹底をしましょう!

ソーシャルレンディング関連

ソーシャルレンディングはネット上でお金を借りたい人(企業)と貸したい人(投資家)を結びつける仕組みで、投資型クラウドファンディングの一種です。事業者にとっては銀行以外の新たな資金調達手段として、投資家にとっては新しい資産運用の形として、注目を集めています。
クラウドクレジット
海外新興国特化型ソーシャルレンディング。ラテンアメリカ、欧州、アフリカを中心にした新興国への投資が1万円からできる。ソーシャルレンディングのリスクの他、新興国特有のリスク(地政学、為替、天候など)もある。
ラッキーバンク
国内不動産特化型のソーシャルレンディング。5~10万円から国内の不動産事業者に投資ができる。全案件不動産担保を設定しているが、不動産特有のリスク(不動産市場の悪化、自然災害、流動性)がある。
OwnersBook
国内不動産特化型のソーシャルレンディング。1万円から国内の主に東京都内を中心にした不動産事業者に投資ができる。こちらも不動産特有のリスク(不動産市場の悪化、自然災害、流動性)がある。

その他関連記事

FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2016年10月11日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。


スポンサーリンク